現在位置:Home > プレスリリース2014 > RCJの環境試験事業譲受の契約締結


プレスリリース

2014年11月20日

一般財団法人日本電子部品信頼性センター
沖エンジニアリング株式会社
沖電気工業株式会社

RCJの環境試験事業譲受の契約締結

一般財団法人日本電子部品信頼性センター(理事長:木村忠正、本部:東京都中央区、以下RCJ)とOKIグループの信頼性評価と環境保全の技術サービスを展開するOKIエンジニアリング(社長:浅井 裕、本社:東京都練馬区、以下OEG)は、11月20日に事業譲渡契約を締結しました。本契約により、RCJの環境試験事業を来年2月21日付けでOEGが譲り受けます。

RCJは、1974年に電子機器及び電子部品・デバイスの高信頼性化に寄与するために設立され、電子部品等の信頼性技術に関する調査研究、環境試験事業、静電気管理技術者(ESDコーディネータ)の育成と資格認証事業などを行ってまいりました。しかし、電子機器等の用途拡大に伴い、静電気放電(ESD)に関する諸問題が広く発生すると予想されることから、環境試験事業の位置づけを見直し、ESD関連事業に注力することを検討してまいりました。

今回、環境試験事業の確実な継承とこれまでと変わらない試験サービスの提供、雇用の維持ができると判断し、契約にいたりました。今後、RCJは、電子部品等の信頼性技術とESD技術に関する長年の知見を活かし、静電気管理に関連する事業に注力してまいります。

OEGは、1973年の設立以来、信頼性評価と環境保全の技術サービス分野において幅広く事業展開を行っています。特に近年では、素材・部品・装置の信頼性関連の仕様満足確認、限界推定、寿命推定、障害再現などに利用する環境試験事業が、自動車業界を中心に大きく成長しており、信頼性環境評価能力の増強が課題となっていました。

このたびOEGは、RCJの営業権と環境試験所(東京都東久留米市八幡町)の高度な試験設備、高い技術をもった従業員を譲り受けることで、信頼性環境評価能力の更なる強化を実現し、ビジネスの拡大を図ってまいります。

沖エンジニアリング株式会社 概要

本社所在地
東京都練馬区氷川台3-20-16
代表者
代表取締役社長 浅井 裕
従業員数
114名
設立日
1973年12月6日
資本金
1億円
事業内容
電気・電子応用機器分野の信頼性に関する分析・試験・評価、環境分野のシステムなどの開発、化学・水質・土壌分析、電子部品情報支援、EMC認証取得試験・コンサルティングおよび計測機器校正などのエンジニアリングサービス

一般財団法人日本電子部品信頼性センター 概要

本部所在地
東京都中央区新富1-9-1新富191ビル3階
代表者
理事長 木村 忠正
設立
1974年7月1日 通商産業大臣許可
事業内容
電子部品、電子機器及びシステム等の信頼性向上のための調査研究、規格・技術基準作成、シンポジウム、セミナー、環境試験
  • 沖電気工業株式会社、沖エンジニアリング株式会社は、通称を「OKI」、「OKIエンジニアリング」とします。
  • 本文に記載されている会社名、商品名は一般に各社の商標または登録商標です。
本件に関する報道機関からのお問い合わせ先
OKI 広報部
電話:03-3501-3835
一般財団法人日本電子部品信頼性センター 総務部
電話:03-6280-5601
  • 各リリースの記載内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ