現在位置:Home > プレスリリース2014 > 遠隔で作業を支援するシステム「Remote Support」を販売開始


プレスリリース

2014年5月13日

株式会社OKIソフトウェア
沖電気工業株式会社

遠隔で作業を支援するシステム「Remote Support」を販売開始

リアルタイムで動画を共有し、現場作業の正確性を向上

OKIグループのソフトウェア開発・SIサービス会社であるOKIソフトウェア(社長:権藤 義之、本社:埼玉県蕨市)は、スマートフォンやタブレットを使用して遠隔から保守や製造の現場作業を支援するシステム「Remote Support(リモートサポート)」の販売を2014年5月30日より開始します。本システムは2016年度までに150セット以上の販売をめざします。

近年、LTEなどに代表される公衆通信網の高速化とあいまってスマートフォンの普及が進み、個人利用だけでなく業務での利用も拡大しつつあります。それに伴って様々な業務支援アプリケーションが開発されていますが、遠隔での作業支援を可能とする動画共有のアプリケーションは、まだ少ないのが現状です。

OKIソフトウェアが開発した「Remote Support」は、スマートフォンやタブレットを使用して、保守現場や製造現場にいる作業者と事務所など遠隔地にいる監督者などとの間で、リアルタイムに動画、音声、ポインタ情報を共有できるシステムです。これまで培ってきたOKIグループの音声・映像通信技術をベースに現場の映像を双方で共有しつつ、画面サイズの異なる端末同士でも確実かつリアルタイムに双方で同じ位置を指し示すことができる技術を開発しました。従来のような電話音声や写真のやり取りと比較して格段にストレスが少なく作業を進めることが可能です。

本システムの利用により、たとえば、若手作業者に対して遠隔地にいるベテラン技術者が共有した動画を基に作業指示を出すことができます。これによりベテラン作業者の移動にかかるコストを削減しつつ、若手作業者の作業の正確性向上を実現します。また、製造現場には、事務棟の監督者から作業内容の指示をリアルタイムで行うことができ、タイムリーで適切な作業確認や早期の問題解決につながります。

本システムは5月14日~16日、東京ビッグサイトで開催される「第3回ワイヤレスM2M展」(ブースNo. 西1-31)に出展します。

OKIソフトウェアは、今後もICTシステムに関わる高い技術力を集結して、お客様の課題を解決するソリューションを提供していきます。

システム概要

仕様

対応OS
Android4.1/4.2(iOSは別途対応予定)
対応ネットワーク
3G/LTE/WiFi(公衆網接続時はVPN接続要)
通信プロトコル
SIP/RTP
映像コーデック
H.264
音声コーデック
G.711、Opus
解像度
最大 HD(720p)、最小 QVGA
カメラ
フロントカメラ/リアカメラ切り替え可能
  • イヤホン・マイクの使用が前提となります。
  • 遠隔作業支援サーバーはアプライアンスサーバーとして提供します。また、OKIグループのSIPサーバーにも順次対応していく予定です。

販売計画

提供時期
2014年5月30日より
価格
個別見積り
販売目標
2016年度までに150セット以上

リリース関連リンク

  • 沖電気工業株式会社、株式会社OKIソフトウェアは、通称をそれぞれ「OKI」「OKIソフトウェア」とします。
  • Androidは、Google Inc.の商標です。
  • その他、本文に記載されている会社名、商品名は一般に各社の商標または登録商標です。
本件に関する報道機関からのお問い合わせ先
OKI 広報部
電話:03-3501-3835
本件に関するお客様からのお問い合わせ先
OKIソフトウェア 営業本部
電話:048-420-5210
  • 各リリースの記載内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ