OKI Open up your dreams

社会貢献活動

社会福祉

日本赤十字社への貢献活動

企業献血のパイオニアとしての活動推進

OKIは1964年8月21日、一社員の提案により、現在では当たり前のようにおこなわれている企業による集団献血を日本で初めて当時のOKI品川事業所において実施した企業であることをご存知でしょうか?
それまでは日本における保存血液の99%以上が売血によるものであったため、輸血後の肝炎発症が大きな社会問題となっていました。
日赤中央血液銀行の協力を得て175名の社員が参加した日本初の集団企業献血は当時の新聞やテレビにも取り上げられ、その後の企業献血の促進にも大いに貢献しました。
併せてこの日は売血を禁止し、献血の促進についての国会決議も成立した日であり、今では「献血の日」と呼ばれています。
この受賞は40年以上にわたって継続している献血活動や、1996年度から継続して各赤十字血液センターへの献血運搬車寄贈などの活動が高く評価されたものです。


  • 2019年度に寄贈した献血運搬車
    (2019年3月、沖縄県赤十字血液センターに納車)

  • 後部座席が保冷庫に改造されています

各地での献血活動

OKIではグループを挙げて献血活動に取り組んでおり、2019年度は全事業所で年間延べ1,041名の社員が献血に協力しました。

献血運搬車の寄贈(OKI愛の100円募金とのマッチングギフト)

1996年度から毎年、配備要望のあった各地の赤十字血液センターに、OKI愛の100円募金とのマッチングギフトにより保冷庫付献血運搬車等を寄贈しています。 2019年度時点でこれまで24年間、合計30台の車両を寄贈してきました。

日本赤十字社からの表彰

皇太子殿下より表彰状をいただく篠塚社長

これらの長期間にわたる活動の高い実績が評価され、2006年7月13日には日本赤十字社から「第42回献血運動推進全国大会」において「昭和天皇記念献血推進賞」を受賞するに至りました。

【授賞式の写真掲載】
日本赤十字社の名誉副総裁である皇太子殿下(当時)より表彰を受ける篠塚社長(当時)

集める活動

OKIグループでは、毎年恒例の「年末・年始 収集キャンペーン」を実施しました。OKIグループの社員より届いた書き損じハガキ、未使用ハガキ、未使用切手、使用済切手等を、目的別にそれぞれの団体等に寄付させていただいています。

ページの先頭へ

公的研究費の不正使用および研究活動における不正行為等に係る通報も上記で受け付けます。

Special Contents

      • YouTube

      お問い合わせ

      お問い合わせ