OKI Open up your dreams

社会貢献活動

環境保全

国内環境保全活動(森林ボランティア)

長野県小諸市 「OKIグループが育てる森」 森林ボランティア

OKI、および「OKI愛の100円募金」は2005年、小諸市と締結した「森林(もり)の里親協定書」を5年ごとに継続し、地元で操業する長野OKI、OKIハイテックの社員・家族を中心に継続的に市内の森林整備に取り組んでいます。

これまで30回の活動で、延べ1,254名(2019年度までの累計)の社員・家族などが参加しています。
「森林(もり)の里親協定」は長野県が2003年度から開始した事業で、里親となる企業と、里子となる県内市町村を長野県が仲介役となってマッチングさせ、里子の自治体において企業の社員が森林整備等を実施するものです。

静岡県伊豆市 「OKIグループ伊豆の森」 森林ボランティア

OKI、およびNPO法人地球緑化センターは2008年、伊豆市と締結した「OKIグループ 伊豆の森 森林整備および交流活動に関する協定書」を定期的に継続し、戸田(へだ)峠に隣接する市有地10.38ha、ならびに伊豆市修善寺梅林に隣接する市有地2.73haにおいて市内の森林整備に取り組んでいます。
これまで24回の活動で、延べ916名(2019年度までの累計)の社員・家族などが参加しています。

群馬県高崎市 「OKIグループふれあいの森」 森林ボランティア

OKIは2005年、群馬森林管理署と締結した「『ふれあいの森』における森林整備等の活動に関する協定書」を5年ごとに継続し、高崎市観音山においてフィールド内の森林整備に取り組んでいます。
これまで19回の活動で、延べ756名(2019年度までの累計)の社員・家族などが参加しています。
「ふれあいの森」とは、1999年度から林野庁が全国で開始した事業で、ボランティアとして森林づくりに参加したいという国民の要望に応えるため国有林野をフィールドとして提供するもので、群馬森林管理署では2000年度から実施している事業です。

海外環境保全活動

中国での活動

タイでの活動

ページの先頭へ

公的研究費の不正使用および研究活動における不正行為等に係る通報も上記で受け付けます。

Special Contents

      • YouTube

      お問い合わせ

      お問い合わせ