現在位置:Home > OKIについて > 社会貢献活動 > 最近の社会貢献活動から > 2016年度 > 日本赤十字社 熊本県赤十字血液センターへ献血運搬車を寄贈


社会貢献活動

最近の社会貢献活動から 2016年度

日本赤十字社 熊本県赤十字血液センターへ献血運搬車を寄贈

レポート 総務部 社会貢献推進担当 松本

2017年2月28日(火曜日)午前10時30分より、熊本県赤十字血液センターにて、OKIおよび「OKI愛の100円募金」(注1)による同センターへの献血運搬車寄贈式が行われました。式典には、日本赤十字社から熊本県支部 事務局長の岡村範明様、熊本県赤十字血液センター 所長の井 清司様はじめ3名、OKIグループからはOKI九州支社長、熊本支店長はじめ4名が参加し、熊本県赤十字血液センターの職員約20名が見守る中、開始されました。

OKIは、1964年に品川事業所(当時)で日本初の企業集団献血を行って以来、現在でも年間延べ1,000名を超える社員が献血に参加し、グループを挙げて日本赤十字社が推進する血液事業を支援しています。また1996年には、「誰もが気軽に参加できる社会貢献」として、賛同する役員・社員が毎月募金を行う「OKI愛の100円募金」活動をスタートさせ、これを原資とした社会貢献活動の第1号として、日本赤十字社様への献血運搬車等の寄贈を開始しました。以来毎年、募金と会社寄付の折半という「マッチングギフト」方式により全国各所の赤十字血液センター様に献血運搬車等を寄贈しており、今回は27台目の寄贈となりました。

式典では、OKIグループを代表して九州支社 秀支社長が挨拶に立ち、日頃の日本赤十字社の活動への感謝とともに、「熊本県には105年前に営業店を開設しており、社員募金を活用して今回寄贈する献血運搬車が、熊本地震復興の一翼となって貢献できれば幸いです。」と述べました。これに対して熊本県赤十字血液センターの井所長からは、「昨年、発生した熊本地震では約1か月にわたって献血ができなかった。その間も血液は必要で、近県や全国からの応援を受け、血液を運搬してもらってきたため血液運搬車を寄贈いただけたことにとても感謝している。最近、車で2~3時間はかかる人吉市方面や天草地域への血液供給事業も開始したので血液運搬車の需要はますます増加すると思う。今回寄贈された車両を有効に活用していきたい」と感謝の言葉をいただきました。

  • 写真1
    九州支社 秀支社長による挨拶 
  • 写真2
    熊本県赤十字血液センター 井所長による謝辞

続いて日本赤十字社および熊本県赤十字血液センターからの感謝状贈呈のあと、会場を正面玄関の寄贈車両前に移してマスコットキーの贈呈およびテープカットと車両の披露が行われ、式典は無事終了しました。

写真3
池本熊本支店長(左)から
熊本県赤十字血液センター
井所長にマスコットキーを贈呈

続いて日本赤十字社および静岡県赤十字血液センターからの感謝状贈呈のあと、会場を正面玄関の寄贈車両前に移してマスコットキーの贈呈およびテープカットと車両の披露が行われ、式典は無事終了しました。

寄贈車両は、赤色灯と車両後部を-5℃~+20℃に保てる保冷庫付きで、血液センターから病院などに輸血用血液を運ぶ血液輸送用緊急自動車として使用されます。保冷庫により適切な温度管理ができるため、交通渋滞や長距離輸送の際に冷却剤の有効時間を気にする必要がなく、安心して血液を送り届けることができます。

写真4
寄贈した車両の前でテープカット

  • 写真5
    今回寄贈した保冷庫付献血運搬車
  • 写真6
    後部座席が保冷庫に改造されています

九州支社 秀支社長のコメント

今回、素晴らしい経験をさせていただきました。
OKIの社会貢献活動が関係者の皆さまに非常に喜ばれていることをとても嬉しく思いましたし、この喜ばれている様子は、自分自身が直接先方にお伺いすることで初めて、細かいニュアンスとして感じ取ることができ、ありがたく思いました。
今後も機会があれば是非とも関わっていきたいと思いました。

九州支社 熊本支店 池本支店長のコメント

今回、初めて参加しましたが、あらためてOKIは素晴らしい会社だと実感しました。
式典時、血液センターのみなさんの笑顔がとても印象的で、とても感動しました。本当に貴重な経験となりました。
熊本でのお客様との商談等の中で、話題にしていきたいと思います。

  • 注1:「OKI愛の100円募金」活動

    OKIグループ30社の賛同する役員・社員が参加する社員募金により、献血運搬車の寄贈に加え、難病者の在宅就労プロジェクト、および各種NPONGOや社員が関わりをもつボランティア団体などを支援しています。

ページの先頭へ

公的研究費の不正使用および研究活動における不正行為等に係る通報も上記で受け付けます。

Special Contents

      お問い合わせ

      お問い合わせ