現在位置:Home > OKIについて > 社会貢献活動 > 最近の社会貢献活動から > 2016年度 > 富岡小学校3年生の工場見学に協力


社会貢献活動

最近の社会貢献活動から 2016年度

富岡小学校3年生の工場見学に協力

レポート OKI 人事部 富岡総務チーム

2016年12月1日(木曜日)、群馬県富岡市立富岡小学校3年生の児童105名、引率の先生5名、合計110名がOKI 富岡工場の見学に訪れました。
同校は会社の近隣にある小学校で、社会科学習の一環として実施されたもので、5人の先生に引率された児童たちは元気に歩いて富岡工場を訪れました。

  • 写真1
    最初はOKIの説明を聞きます
  • 写真2
    説明に聞き入る児童たち

今回は児童の人数が多かったため、会社の説明を先に受ける第1組と、工場見学を先に行う第2組とに分け、さらにその中を3班に分けて交代で説明と工場見学を行うこととしました。 会社の説明は富岡工場の食堂である「Okiteria」(オキテリア)において、DVDによる製品紹介と、パワーポイント資料による説明を、工場見学ではレーザープレスやベンダーロボットのある製造部と、装置を組み立ててから出荷設定までを行う生産部の見学を行いました。
見学後は「Okiteira」に戻り、工場への質問タイムとなりました。各班から積極的に手があがり、3年生らしい自由な発想の質問でしたが、回答者を悩ませる質問も数多くありました。
工場で一番多く使っている材料や、一日の生産量、溶接の火花で火傷をしないのか?などの生産に関する質問から、構内の通路に置いてある荷物や、敷地周囲への植樹、ならびにテニスコートに至るまで、質問は多岐にわたりました。
また引率の先生からは地域貢献活動に関する質問もあり、それら全ての質問に答えている間に時間となり、和やかな雰囲気の中で工場見学は無事終了しました。

写真3
質問前の静けさの児童たち

ページの先頭へ

公的研究費の不正使用および研究活動における不正行為等に係る通報も上記で受け付けます。

Special Contents

      お問い合わせ

      お問い合わせ