OKI Open up your dreams

現在位置:Home > OKIについて > 社会貢献活動 > 最近の社会貢献活動から > 2011年度 > 社会福祉法人東京コロニー「創立60周年記念」で感謝状を授受


社会貢献活動

最近の社会貢献活動から 2011年度

社会福祉法人東京コロニー「創立60周年記念」で感謝状を授受

レポート CSR部 社会貢献担当 松本

2011年12月21日(水)、東京・中野サンプラザにおいて、社会福祉法人東京コロニー 創立60周年記念式典が開催され、その中でOKIグループの社員募金「OKI愛の100円募金」に対し、感謝状が授与されました。

写真1
武者常務理事によるご挨拶

これは、同法人の「トーコロ情報処理センター職能開発室」が2000年4月に開始した「SOHO支援事業」(注1)を、「OKI愛の100円募金」として2001年度から継続的に支援してきたことが評価されたものです。

式典は同法人 武者常務理事によるご挨拶で始まり、来賓関係者の挨拶に続いて感謝状の贈呈式が行われました。対象となったのは、これまで同法人の活動をさまざまな形で支援し、貢献してきた7団体・1個人です。「OKI愛の100円募金」からは、事務局であるOKI CSR部 担当部長の柴田が代表として、武者常務理事から感謝状を頂戴しました。

写真2
感謝状授与の様子

写真3
飯塚定子さん作「信夫山」

なお、感謝状を授与された団体・個人には、副賞として同法人が運営する障害者自立支援事業の一つである「アートビリティ」(注2)作品の原画が贈られました。あらかじめ提示いただいた候補作36作品の中から、「OKI愛の100円募金」としては飯塚定子さんが福島県の風景を描いた「信夫山」を選ばせていただきました。
ご自身も福島県に在住される飯塚さんは、色彩豊かなシルクスクリーン版画による風景画を得意とし、アートビリティ大賞、日立キャピタル特別賞など、数々の受賞暦をもちます。いただいた作品は、信夫山を望むOKIデータ福島事業所内に飾らせていただく予定です。

  • 注1:SOHO支援事業

    企業への就職が叶わない重度の障害を持つ方たちを対象として、在宅のまま「SOHOグループ(es-team)」を作り、ソフトウェア関連の業務を受注し納品することで自立を図る事業。

  • 注2:アートビリティ

    アートの分野で障害者自身の持っている才能を活かし、収入に結び付けることを目的とした事業。1986年に「障害者アートバンク」として設立され、現在では約200名の作家による約3,200点の作品が揃った芸術ライブラリーに発展している。

ページの先頭へ

公的研究費の不正使用および研究活動における不正行為等に係る通報も上記で受け付けます。

Special Contents

      お問い合わせ

      お問い合わせ