OKI Open up your dreams

現在位置:Home > OKIについて > 社会貢献活動 > 最近の社会貢献活動から > 2008年度 > タイのミャンマー難民キャンプに古着を送りました


社会貢献活動

最近の社会貢献活動から 2008年度

タイのミャンマー難民キャンプに古着を送りました

レポート 社会貢献推進室 辻

写真1
OKIソフトウェア岡山

NGO「わかちあいプロジェクト」は、「難民支援」「フェアトレード」「自立支援」を支援の柱として活動している国際協力NGOです。この「難民支援」活動の一つに「古着支援活動」があります。毎年6月、国内で収集した古着を海外難民キャンプなどに送る活動です。2000年度、OKIグループの2社で初めてこの活動に参加しましたが、2001年度よりOKIグループ全国の拠点で参加しています。

各拠点で収集された古着は、男性、女性、男の子、女の子、幼児、赤ちゃんに仕分し、指定された大きさのダンボール(縦、横、高さの合計が1.5m以内)に詰められ、指定された国内集荷場所へ送られます。そこからコンテナで支援国まで送られます。

  • 写真2
    宮城OKI
  • 写真3
    OKI芝浦事業所

2008年度、OKIグループ全拠点で収集された古着はダンボール544箱分で、6月14日までに国内集荷場所へ送られました。各拠点から国内集荷場所までの輸送費およびダンボール1箱当たりに必要な1,500円の海外輸送費のカンパ金は、OKIグループの賛同する役員・社員よりの募金(「OKI愛の100円募金」)より拠出しました。今年度の古着支援活動の対象は、15万6千人が暮らしているといわれるタイのミャンマー難民キャンプです。特に、赤ちゃん、幼児、子ども(5歳から15歳)の衣類や、冬を越すための暖かい衣料が必要でした。

  • 写真4
    OKI沼津事業所
  • 写真5
    OKIコミュニケーションシステムズ
収集する古着
子供と大人の衣類(夏冬ものすべて)
  • ズボン、ティーシャツ、スカート、ワイシャツ、ジーパン、背広、スーツ、トレーナー、ジャージ、カーディガン、セーター、コートなど
    (中学、高校などで使ったジャージが特に喜ばれています。)
収集不可なもの
  • 靴下、ハンカチ、下着、靴、ベルト、ぬいぐるみ、バッグ、帽子、ネクタイ

写真6
OKI高崎事業所

ページの先頭へ

公的研究費の不正使用および研究活動における不正行為等に係る通報も上記で受け付けます。

Special Contents

      お問い合わせ

      お問い合わせ