• 商品サービス
  • 投資家の皆様へ
  • OKIについて
  • 採用情報
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

現在位置:Home > OKIについて > 投資家の皆様へ > 業績予想の修正に関するお知らせ


投資家の皆様へ

ファイリング情報 ファイリング情報



平成20年10月31日

各位

上場会社名
沖電気工業株式会社
代表者名
取締役社長 篠塚 勝正
コード番号
6703
問合せ先責任者
IR室長 吉田 邦彦
TEL
03-5403-1211

業績予想の修正に関するお知らせ

最近の業績動向を踏まえ、平成20年8月14日に公表した業績予想を下記の通り修正いたしましたのでお知らせいたします。

(金額の単位:百万円)

平成21年3月期第2四半期連結累計期間連結業績予想数値の修正(平成20年4月1日~平成20年9月30日)

  売上高 営業利益 経常利益 四半期純利益 1株当たり
四半期純利益
  百万円 百万円 百万円 百万円 円 銭
前回発表予想(A) 300,000 -9,000 -12,500 -24,500 -35.86
今回発表予想(B) 286,900 -10,600 -13,300 -35,300 -51.68
増減額(B-A) -13,100 -1,600 -800 -10,800
増減率(%) -4.4 -17.8 -6.4 -44.1
(ご参考)前期第2四半期実績
(平成20年3月期第2四半期)
327,635 -7,071 -11,021 -12,482 -18.27

平成21年3月期通期連結業績予想数値の修正(平成20年4月1日~平成21年3月31日)

  売上高 営業利益 経常利益 当期純利益 1株当たり
当期純利益
  百万円 百万円 百万円 百万円 円 銭
前回発表予想(A) 629,000 7,000 500 -17,500 -25.62
今回発表予想(B) 585,000 3,000 -3,000 -33,000 -48.32
増減額(B-A) -44,000 -4,000 -3,500 -15,500
増減率(%) -7.0 -57.1 -88.6
(ご参考)前期実績
(平成20年3月期)
719,677 6,200 -3,887 567 0.83

平成21年3月期第2四半期累計期間個別業績予想数値の修正(平成20年4月1日~平成20年9月30日)

  売上高 営業利益 経常利益 四半期純利益 1株当たり
四半期純利益
  百万円 百万円 百万円 百万円 円 銭
前回発表予想(A) 160,000 -12,000 -11,000 -18,000 -26.35
今回発表予想(B) 148,300 -14,500 -13,500 -35,000 -51.24
増減額(B-A) -11,700 -2,500 -2,500 -17,000
増減率(%) -7.3 -20.8 -22.7 -94.4
(ご参考)前期第2四半期実績
(平成20年3月期第2四半期)
182,938 -13,176 -11,331 -10,351 -15.15

平成21年3月期通期個別業績予想数値の修正(平成20年4月1日~平成21年3月31日)

  売上高 営業利益 経常利益 当期純利益 1株当たり
当期純利益
  百万円 百万円 百万円 百万円 円 銭
前回発表予想(A) 290,000 500 500 -8,000 -11.71
今回発表予想(B) 275,000 -11,000 -10,000 -32,000 -46.85
増減額(B-A) -15,000 -11,500 -10,500 -24,000
増減率(%) -5.2 -300.0
(ご参考)前期実績
(平成20年3月期)
408,840 -12,980 -11,869 -1,729 -2.53

修正の理由

  1. 連結業績予想

    第2四半期連結累計期間は、半導体以外の事業の業績は概ね想定どおり若しくはそれ以上に推移いたしました。半導体事業においては、売上高は液晶パネルメーカーのLSI内製化、新商品開発遅延によりP2ROMが、さらに市場悪化により他の商品がそれぞれ減少したことから、前回予想と比べ大幅に減収となる見込みです。これに伴い、営業利益は大幅に悪化となる見込みです。当期純利益は特別損失に、半導体子会社株式の譲渡損失等を52億円見込んだことから、前回予想を下回る見込みです。

    通期は第2四半期連結累計期間の半導体業績悪化により売上高、営業利益とも前回公表を下回る見込みです。半導体以外の事業においては、売上高が急激な円高の影響、通信事業における選択と集中の加速などにより、前回予測を下回る見込みです。営業利益は、売上減少や急激な円高の固定費削減などで吸収し、前回どおりの見込みです。当期純利益は特別損失に、特別退職金40億円を見込んだことから、前回予想を下回る見込みです。

    特別損失の詳細につきましては、本日開示いたしました「特別損失発生のお知らせ」をご参照下さい。

  2. 単独業績予想

    連結と同様の理由により、単独の売上高、営業利益、経常利益、当期純利益とも前回予想を下回る見込みです。

以上

ページの先頭へ

Special Contents

      お問い合わせ

      お問い合わせ