• 商品サービス
  • 投資家の皆様へ
  • OKIについて
  • 採用情報
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

現在位置:Home > OKIについて > 投資家の皆様へ > 平成19年3月期通期業績予想、配当予想の修正に関するお知らせ


投資家の皆様へ

ファイリング情報 ファイリング情報



平成19年2月15日

各位

会社名
沖電気工業株式会社
代表者名
取締役社長 篠塚 勝正
コード番号
6703東証第1部
問合せ先
広報部長 小松 晃
電話番号
03-3501-3111

平成19年3月期通期業績予想、配当予想の修正に関するお知らせ

当社は、平成19年2月15日開催の取締役会において、平成18年10月26日の中間決算発表時に公表した平成19年3月期(平成18年4月1日~平成19年3月31日)の業績予想の修正、および当期の1株当たり配当予想の修正を決議しましたので、お知らせいたします。

1. 平成19年3月期連結通期業績予想の修正

(単位: 百万円)

  売上高 営業利益 経常利益 当期純利益
前回発表予想(A) 730,000 15,000 8,000 2,500
今回修正予想(B) 720,000 -6,000 -14,000 -38,000
増減額(B-A) -10,000 -21,000 -22,000 -40,500
増減率(%) -1.4%
<ご参考>前期実績(平成18年3月期) 680,526 10,593 7,240 5,058

2. 平成19年3月期単独通期業績予想の修正

(単位: 百万円)

  売上高 営業利益 経常利益 当期純利益
前回発表予想(A) 440,000 7,000 6,000 2,000
今回修正予想(B) 410,000 -16,500 -18,000 -37,000
増減額(B-A) -30,000 -23,500 -24,000 -39,000
増減率(%) -6.8%
<ご参考>前期実績(平成18年3月期) 409,100 3,751 4,674 2,217

3. 平成19年3月期連結及び単独通期業績予想の修正理由

情報通信セグメントにおきましては、通信キャリアの新規サービス分野での投資先送り、固定網系の投資抑制、および新商品の開発遅延があったほか、官公庁・公共市場向け事業での競争激化による受注減や新規事業の開拓遅れ、企業向け通信システムの販売チャネル開拓遅れ等により、前回計画に比べ減収の見込みです。営業利益については、収益性の良い自社商品を中心に売上が減少したほか、コストダウン計画の遅れ等が影響し、大幅な減益の見通しです。

半導体セグメントにおきましては、顧客の液晶パネル在庫調整等が影響するドライバLSIを中心に、前回計画より減収の見込みです。営業利益については、売上減少や価格下落等による悪化を想定しています。

プリンタセグメントにおきましては、円安による影響などにより前回計画より増収となる見込みです。しかし営業利益については、低価格機から中上位機種へのシフトの遅れや、コストダウンの遅れが影響し、減益となる見込みです。

なお当期純損益につきましては、繰延税金資産の取り崩しにより、連結当期純損益が380億円の損失、また単独当期純損益は370億円の損失となる見込みです。

4. 平成19年3月期配当予想の修正

上記の通期業績予想修正により、平成18年10月26日発表の配当予想を下記の通り修正いたします。

  中間期 期末 年間
前回予想(平成18年10月26日) 0.00円 未定 未定
今回修正予想 0.00円 0.00円 0.00円
<ご参考>前期の1株当たり配当金実績 0.00円 3.00円 3.00円

以上

ページの先頭へ

Special Contents

      お問い合わせ

      お問い合わせ