• 商品サービス
  • 投資家の皆様へ
  • OKIについて
  • 採用情報
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

現在位置:ホーム > OKIのIoT > 事例・関連記事 > メンテナンス・レジリエンスOSAKA 2020に出展(2020年7月開催)3Dバーチャル体験実施中!


事例・関連記事

メンテナンス・レジリエンスOSAKA 2020に出展(2020年7月開催)
3Dバーチャル体験実施中!

新型コロナウィルスの影響を受け、世の中では移動を制限されるなか、テレワークをはじめとする遠隔業務のニーズが急激に高まりました。インフラ構造物・設備の維持管理においても遠隔管理や現場効率化を中心に、OKIはニューノーマル時代に対応できる「インフラモニタリングソリューション」を提案します。

本展示会では、ニューノーマルに対応したさまざまなソリューションをご紹介しました。現在、実際の会場を3Dバーチャル空間でご体感いただけますので、ぜひご覧ください。

展示会概要

会期 2020年7月29日(水)~31日(金) 10時~17時

場所 インテックス大阪(大阪市住之江区南港北1-5-102)※OKIブースは4号館4K-20

主催 一般社団法人日本能率協会/公益社団法人 日本プラントメンテナンス協会(プラントメンテナンスショー)

総来場者数 約1万人

OKIブースを3Dバーチャル空間で体験

3Dバーチャル空間イメージ
3D動画はスマホ非対応のため、PCでご覧ください。

OKIのIoTの活用・導入に関するご相談は、こちらよりお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

本記事は2020年8月に掲載しました。記事中に記載する数値、固有名詞、市場動向等は掲載日現在のものです。

Special Contents

      お問い合わせ

      お問い合わせ