OKI Open up your dreams

現在位置:ホーム > OKIのIoT > 事例・関連記事 > 【関西】IoT/M2M展に出展(2020年1月29日~31日)


事例・関連記事

【関西】IoT/M2M展に出展(2020年1月29日~31日)

OKIは、関西最大規模の展示会「Japan IT Week関西」の一環として開催される、「IoT/M2M展」に出展します。「IoT/M2M展」には無線通信技術やセンサーをはじめ、遠隔監視、生産管理などのアプリケーション、AIを活用したデータ分析などさまざまなソリューションが集結します。

OKIブースでは2019年10月に販売を開始した新商品、AIエッジコンピューター「AE2100」を利用したソリューションとして、映像監視や社会インフラの維持管理、製造設備の予兆検知などを、デモを交えてご紹介する予定です。ぜひご来場ください。

展示会概要

OKIブース(イメージ)

日時 2020年1月29日(水)~31日(金)

場所 インテックス大阪(大阪市住之江区南港北1-5-102)

入場 招待券が必要です。公式サイトからお申し込みください。

OKIブースの展示商品・サービス
OKIブースは「3号館 小間番号14-3」です

出展品のご紹介

AIエッジコンピューター「AE2100」
AIエッジコンピューター「AE2100」

OKIの「AIエッジコンピューティング」の中核となるAE2100。ディープラーニングの推論環境を提供するインテル社のOpenVINO™ ツールキットとAIアクセラレーターである「インテル® Movidius™ Myriad™ X VPU」を搭載する、国内初のコンピューターアーキテクチャーを有しています。

また、各種センサーを収容する豊富なインターフェースや、多様な通信方式に対応しており、LTEや無線LAN、920MHzマルチホップ帯無線「SmartHop」にも対応するなど、信頼性の高いセンサーを含むネットワーク製品を搭載できます。

OKIブースでは、このAE2100を活用した映像監視や社会インフラの維持管理、製造設備の予兆検知をデモによりご体感いただけます。AIベンダー様/SIer様の皆さまに、1社1台の「AE2100」を、先着150社様に無償でご提供するモニターキャンペーンも実施中(2020年3月末まで)ですので、ぜひお申し込みください。

AE2100関連コンテンツ

OKIのIoTの活用・導入に関するご相談は、こちらよりお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

本記事は2019年12月に掲載しました。記事中に記載する数値、固有名詞、市場動向等は掲載日現在のものです。



Special Contents

      お問い合わせ

      お問い合わせ