• 商品サービス
  • 投資家の皆様へ
  • OKIについて
  • 採用情報
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

現在位置:ホーム > リテールテック JAPAN2020


リテールテック
JAPAN2020

イベント

リテールテック JAPAN2020

「第36回流通情報システム総合展 リテールテック JAPAN2020」への
OKIグループ出展中止について

2020年2月25日主催社の日本経済新聞社より、展示会の開催中止が発表されました。
日経メッセ 街づくり・店づくり総合展の開催中止(主催社サイトへ)

2020年2月21日新型コロナウィルスの影響拡大により、OKIグループが出展を予定しておりました「第36回流通情報システム総合展 リテールテックJAPAN2020」につきまして、ご来場されるお客様、関係者、社員の安全に配慮し、出展中止を決定いたしました。
OKIグループブースへのご来場を楽しみにして下さっていた皆さまにはご迷惑をお掛けしますが、ご理解いただけますようお願いいたします。

OKIグループは、2020年3月3日(火)~6日(金)に幕張メッセで開催されます「第36回流通情報システム総合展 リテールテック JAPAN2020」に、『to WONDER STORE with Partner』をテーマにAI&共創でワクワクするリテールストアを実現するソリューションを展示します。

日時: 2020年3月3日(火)~6日(金)
10時~17時※最終日は16時30分まで
会場:幕張メッセ ホール3

展示ブースのご紹介

展示コーナーは「リテールゾーン」「パートナーゾーン」「プリンターゾーン」の3コーナーでAIやロボットを活用したソリューション・ユースケースを紹介します。また、キャッシュレス時代に求められる店舗での次世代の現金管理システムについても展示いたします。

  • リテールゾーン

    AIとロボットで実現する顧客サービスと
    次世代キャッシュマネージメント

  • パートナーゾーン

    パートナー企業様と創る次世代リテールストア

  • プリンターゾーン

    世界最小クラス、店頭・バックヤードに最適な高性能プリンター

AIエッジロボット

店舗での人手不足が進む中、ロボットによる支援の必要性が高まっています。
OKIが開発中の「AIエッジロボット」は、エッジAIコンピューターを搭載したロボットが自律動作するだけでは無く、ロボットを俯瞰操作できるフライングビュー機能を搭載した遠隔運用監視を特長としています。
ロボット自体のAIエッジ処理と、遠隔地からの有人操作により、ロボットと人間との協調作業によって、防犯・点検・運搬など、店舗の省力化に貢献します。
展示会場では様々なシーンでの利活用について、ミニステージとアニメーションでご紹介します。

AIエッジロボット

ストアフロントソリューション

既存の決済インフラが成熟化している日本では、地域や消費者の多様性に合わせて緩やかにキャッシュレス化が進行するため、現金ニーズは存続するものと想定します。
また、リテール業界においては、労働力不足に対応するための店舗改革が進展していくものと考えます。OKIはこれらの社会課題に自動化技術で挑戦し、安全で便利な社会インフラを支えます。
展示会場では、OKIの想定する今後のキャッシュポイントの姿や、店舗運営の効率化を実現する省力化ソリューションをリテールゾーンとパートナーゾーンでご紹介します。

世界最小クラス、店頭・バックヤードに最適な高性能プリンター

店舗のバックヤードやサービスカウンターなど、限られたスペースでも高いパフォーマンスを発揮する世界最小クラスのプリンターを展示。OKI独自の技術による高品位・高精細プリントと多様な用紙対応力により、日々の書類から店頭で映えるプライスカード、POPやポスターなどのツール作成にも活躍します。当日は店舗における設置イメージを再現し、コンパクト性とメンテナンス性を体感いただける展示となっています。

*1:A3カラーLED/レーザープリンターの設置面積(A3使用時)において。2019年7月現在。当社調べ(当社製品除く)。

活用例

活用例

活用例

会場マップ

会場マップ

リテールテック JAPAN 2020についてのお問い合わせ

Special Contents

      お問い合わせ

      お問い合わせ