OKI Open up your dreams

閉じる

現在位置:ホーム > 「CEATEC 2019」に出展予定


CEATEC 2019 OKI 出展ブースのご案内

OKIは2019 年10月15 日(火)から10月18日(金)まで開催される「CEATEC 2019」に出展いたします。
今回の出展では、高度IoT 社会の実現を目指し、AIエッジを活用した製品・ソリューションをご紹介します。
「リアルタイム-インテリジェンス」で社会課題を解決。
ぜひご来場のうえ、OKIブースへお立ち寄りくださいますよう、お願い申し上げます。

業務変革
金融・流通、製造分野でのスマート化、デジタル変革に向けた業務変革ソリューションをご紹介いたします。
まちづくり
センシング技術やIoT/AI技術を活用した、まちづくりに不可欠な社会インフラシステムをご紹介いたします。
イノベーション
エッジ領域に着目したOKIの新技術・新商品をご紹介いたします。

会場マップ

会場マップ
お申し込みはこちら

昨年(CEATEC 2018)の展示ブースのご紹介

自由視点映像モニタリング「フライングビュー」

コマツ様ブースと連携した展示を行い、注目を集めたのが「フライングビュー」です。車体の前後左右に取り付けた4台のカメラの画像をリアルタイムに合成し、 360度あらゆる角度から自動車や特殊車両の周囲を自由視点で俯瞰して見ることができます。

これまでの複数カメラ画像の切り替えによる周囲監視から、全体を俯瞰できる画像により周囲の状況を把握することで、見た目に自然で効率的、的確な周囲監視が可能となります。

OKIは、コマツ様が先行して実施している5Gによる建設機械の遠隔制御の実証実験に、 この「フライングビュー」を適用することにより、ほぼ死角のない自由視点での遠隔モニタリングの検証を実施しています。
自由視点映像モニタリング「フライングビュー」

船舶IoTモニタリング

船舶の安全航行に必要な情報をモニタリングするための、光ファイバーセンシングと音響センシングをご紹介しました。

光ファイバーセンシングは、高速・高分解能・長距離で、温度・歪みの分布をリアルタイムで測定できる新しいタイプのセンサーです。 OKIは、この光ファイバーを船内に設置し、航行中の波や加減速などで生じる船の歪みを、連続したデータとして把握する検証を実施しています。

音響センシングは、騒音化でも特定の音を抽出することができます。エンジンなどが稼働する機関室において、機器の駆動音を監視し、故障・異常の予兆検知を可能にします。

また、OKIが得意とする音響技術を使った、あらゆる騒音下でも音声通話が可能な、エリア収音ハンドセットのデモも行い、多くのお客様に体感いただきました。
船舶IoTモニタリング

沿岸監視水中音響センサー

水中に設置した音響センサー装置と陸上に設置したモニターリングシステムで構成される、リアルタイム監視システムをご紹介しました。 発電所などのプラント施設、空港、港湾、エネルギー基地などのインフラ施設をはじめとする、沿岸の重要施設への水上・水中からの不審物や不審者の侵入検知に適用できます。

可搬ボート型マルチビーム測深機

水中音響センシング技術をベースに、小型・軽量な無人機船体に測深装置部を一体化することにより、 従来の有人測量船では深浅測量が不可能な港湾や湖沼、小規模河川などをはじめ、さまざまな場所でマルチビーム方式の深浅測量を行えます。

会場には実際の無人機船体を展示し、多くのお客様から測定方法など多くのご質問をいただきました。
自由視点映像モニタリング「フライングビュー」

もっと見る

公的研究費の不正使用および研究活動における不正行為等に係る通報も上記で受け付けます。

Special Contents

      お問い合わせ

      お問い合わせ