スマート工場の実現を支援する「Manufacturing DX」

OKI独自のセンシング技術、AI技術を結集・活用し、
製造業のお客様が抱える課題を解決

SCMリスク管理ソリューション

背景

近年、頻発する自然災害やセキュリティインシデント、労働人口の減少、設備の老朽化など、製造業を取り巻くリスクは多様化しています。さらに、新型コロナウイルス感染症による需要・受注の急激な変動により、調達や物流への影響が出るなどサプライチェーン全体のリスクマネジメントの精度向上も求められています。
高度なリスクマネジメントの実現には、多種多様なデータを収集し、適切に管理・分析することが重要ですが、OTとITのデータは別々に管理されているケースが多く、さまざまな角度から複合的にリスク要因を分析する上での課題となっていました。

ソリューション概要

OKIとNTT Comの連携により、さまざまな環境に点在する社内ITのデータと、OKIが製造現場から収集するOTデータをNTT Comの「SDPF」に連携し一元的に管理することで、社内とサプライチェーン上のリスクを多角的に分析することをめざします。これにより、リスクマネジメントの精度を高め、ハイリスクな企業を集中的にマネジメントするといった対策が可能となります。

導入ステップ

本ソリューションは、実施内容に応じ、段階的に高度化していきます。
STEP1では、OKIの「Manufacturing DX」を活用し、自社工場の状態を示す工場KPIを収集し、販売生産計画やその実績といった全社KPIとともにNTT Comの「SDPF」上に収集・可視化します。
STEP2では、STEP1に加え、サプライヤー企業の生産状況や外部データにもとづくサプライヤーの評価(社外KPI)を加えることで、社内外に潜む生産性や品質悪化、事業継続性などのリスクを確認可能とします。

導入ステップ

ステークホルダー各々のメリット

消費者
  • 製品購買時に原料調達/製造/流通各フェーズで環境などのリスクに配慮している製品を選択可能
  • 必要な物を必要な時に入手可能
バイヤー企業
  • 調達部門:発注前にサプライヤーを評価し、最適なサプライヤーへ発注
  • CSR部門:取引先(サプライヤー)のリスク状況を確認
  • 経営層:社内外のリスクを把握し、迅速に対策を決定
  • 生産管理部門:物品調達や不良在庫のリスクを解消
  • 生産現場(工場長):生産の効率化と品質向上
サプライヤー企業
  • 自社のESGやBCPへの取り組み状況を取引材料としてアピール
  • バイヤー企業との信頼関係の強化

ステークホルダー各々のメリット

両社の役割

OKIの製造DXソリューション「Manufacturing DX」(注1)とNTT Comのデータ利活用基盤「Smart Data Platform」(以下 SDPF)(注2)を連携させることで、ITとOT(注3)のデータを一元的に管理・分析し、サプライチェーン全体の社内外のリスクマネジメントを実現するソリューション(以下 本ソリューション)の提供を2022年4月より販売を開始します

  • OKI:連携する工場DXにおけるノウハウ提供やデータ収集システムを構築
  • NTT Com:ビジネスコンサルティングおよび分析ソリューションの提供

用語解説

  • 注1:Manufacturing DX(マニュファクチャリング・デジタルトランスフォーメーション)とは、製造現場を可視化する「現場変革」、現場と経営を高度かつ双方向に連携する「IT・オペレーション変革」、環境変化・法令対応・少量付加価値生産などのさまざまな経営判断を支援する「マネジメント変革」の3つの変革から構成される、スマート工場実現をめざしたOKIのソリューションコンセプトです。詳しくは下記Webサイトをご覧ください。


    ※画像をクリックすると詳細ページへ移動します。

  • 注2:「Smart Data Platform」は、データ利活用に必要な収集・蓄積・管理分析におけるすべての機能を、ICTインフラも含めてワンストップで提供し、データ利活用によるDX実現を加速させるプラットフォームです。詳しくは下記Webサイトをご覧ください。


    ※画像をクリックすると外部サイトへ移動します。

  • 注3:Operational Technologyの略称で、工場やプラント、ビルなどの制御機器を制御し運用するシステムやその技術のことです。
スマート工場の実現を支援する「Manufacturing DX」
お問い合わせフォーム

Special Contents

      • YouTube

      お問い合わせ

      お問い合わせ