• 商品サービス
  • 投資家の皆様へ
  • OKIについて
  • 採用情報
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

現在位置:Home > 商品・サービス > 製造業向けERP・生産管理システム > イベント・セミナー > パッケージに振り回されない最小カスタマイズERP導入


製造業向け
ERP・生産管理
システム

イベント・セミナー 製造業・ERP-SCM最新事例セミナー
効果実証済 パッケージに振り回されない最小カスタマイズERP導入
仮想環境上に構築したERPの「データ品質」と「変化への強さ」の実際事例



当イベント・セミナーは終了いたしました。

開催概要

日程
2011年7月14日(木曜日) 13時30分~17時(開場・受付開始 13時)
会場
OKIショールーム(東京 虎ノ門)
参加費
無料
定員
15名
対象
基幹システム・ERP・SCMのリプレースをご検討中・情報収集中の方
主催
OKI

製造業向けERPの導入は、成功すれば大きな効果が上げられる一方、長期化、複雑化、高額化する事例も散見されます。

原因の一つとしては、経営に必要な「データ品質」と利用部門が求める「柔軟性」の両立が困難な点が挙げられます。
これを解決した事例として、当セミナーではOKIグループ・メーカーの1社、長野OKIのERPリプレース事例をご紹介いたします。

これを鮮やかに解決し、経営に必要な「データ品質」と利用部門が求める「柔軟性」を両立したのがOKIグループ・メーカーの1社、長野OKIのERPリプレース事例です。

その効果の一部は、以下のようなものです:

  • [データ品質]経営に必要なデータ入手の即時性、網羅性、正確性のアップ。
  • [柔軟性]利用部門の業務改革促進、利用満足度アップ、柔軟性アップ。
  • [コスト]導入費用の抑制(10年前の1/3、サーバー更新よりも安価)、稼動後の追加開発の抑制。
  • [他システム連携]ERP以外の全システムとのデータ連携のスムーズ化。

この事例の特色の一つとしてEUC活用が挙げられますが、EUCの概念は広いため、今回のEUCにどのような工夫がなされていたのかは傾聴ポイントです。

さらにこの新システムは、最近の言葉では「プライベート・クラウド」に当りますが、仮想化技術を使ったOKIグループ共通のホスティング環境として、このプロジェクトの円滑な進行に役立ちました。
今回は、仮想化基盤の導入経緯、効果、導入上の注意を中心としたセッションとなっております。

このセミナーでは、このプロジェクトの考え方と実際の軌跡について、情シス担当者から直に、実務的な観点でお聞きいただけます。
いずれも営業トークやペーパーではまず伝わりません。
「宝の山」の事例です。セミナーのご出席をお勧めします。

プログラム

基調講演
13時30分~14時30分
(質疑応答含む)

「動かないコンピューター」の常連=「製造業向けERPパッケージ」を動かすポイント
~成功するプロジェクトの共通点

【講師】OKI ソリューション&サービス事業本部 情報システム事業部 事業部長 畑ヶ山 浩幸 氏

最新事例1
14時35分~15時45分
(質疑応答含む)

経営と現場のニーズを満たしながらERP-SCMの極小カスタマイズ導入を実現
~「統合EUC」を取り入れた企画、構築、教育、効果を赤裸々に

【講師】長野OKI 製造技術部情報企画チーム チームリーダー 鈴木 祐司 氏

最新事例2
15時50分~17時
(質疑応答含む)

仮想化技術を使ったプライベート・クラウドの実際
~構築の効果と注意点

【講師】OKI 情報企画部 課長 小林 敬之 氏

  • 上記プログラムは予告なく変更されることがございます。あらかじめご了承ください。

このセミナーは、こんな方にオススメです。

基幹システムのリプレースを成功させたいと考えている方

  • CEO、CIO、経営層
  • 経営企画部門責任者
  • 情報システム企画担当
  • 工場長、工場部門責任者

基幹システムのリプレースにあたって、こんな問題意識をお持ちの方

  1. 経営的な視点で
    • 会議で使う数値情報に不満がある。
    • 製販連携の事例を知りたい。
    • 業務改革の事例を知りたい。
    • 基幹システム導入効果の事例を知りたい。
  2. ITシステムの視点で
    • リプレースを企画検討の注意点を確認したい。
    • 最近騒がれている「クラウド」の事例を知りたい。
    • スクラッチ開発しかないと諦めている。
    • 導入、運用コストを抑えたい。

このセミナーを受けると、こんな実務に役立てられます!

  • 経営と業務の両方に寄与する基幹システムの導入に必要なポイントが分かります。
  • カスタマイズか標準機能かの基本的な考え方や事例を知ることができます。
  • 基幹システム導入事例や効果事例が学べます。
  • セミナー参加者様との意見交換や、講師への個別相談もできます。

参加者の声

  • 日頃感じていることを語ってくれて、感動した。(役員)
  • 教科書的なあるべき論ではなく非常に参考になった。役に立った。(情報システム部門責任者)
  • ベンダーの講演ではなく、導入企業から直接の貴重な生情報が得られた。(情報システム部課長)
  • 非常に分かりやすかった。たくさん質問ができてありがたかった。(情報システム部門担当者)

OKIショールーム(東京 虎ノ門)会場のご案内

OKIショールーム(東京 虎ノ門)地図

住所
〒105-8460 東京都港区虎ノ門1-7-12
(虎ノ門ファーストガーデン)
1F郵便局の右手に入り口があります。
電話
03-3501-3111(大代表)
交通
東京メトロ銀座線「虎ノ門」駅下車
4番出口より徒歩30秒

ページの先頭へ



All rights reserved, Copyright © 1995-2019 Oki Electric Industry Co., Ltd.