OKI Open up your dreams

現在位置:Home > OKIについて > 環境への取り組み > 環境経営 > マテリアリティ分析


環境への取り組み

環境経営マテリアリティ分析

環境のマテリアリティ分析

OKIグループは、「環境と事業の融合による価値創造の最大化」を目指して環境経営を推進しています。たとえば、防災システムの提供による「気候変動への適応」に対する貢献、お客様の物流効率の改善に寄与するITSサービスの提供を通した「気候変動の緩和」への貢献など、環境価値と事業価値を融合させながら歴史を積み重ねてまいりました。
また、こうした商品・サービスを生み出す事業活動においても、省エネルギーや省資源という環境負荷の低減は、コストダウンにもつながる日常的な活動として浸透しています。
OKIグループは、これらの活動について、ステークホルダーの関心の高さと経営・事業への影響の大きさを、右図のように優先事項(マテリアリティ)として整理しています。

ステークホルダーの関心の高さと経営・事業への影響の大きさを優先事項(マテリアリティ)として整理した画像

ページの先頭へ

公的研究費の不正使用および研究活動における不正行為等に係る通報も上記で受け付けます。

Special Contents

      お問い合わせ

      お問い合わせ