現在位置:Home > OKIについて > 環境への取り組み > 事業活動による環境保全への取り組み > 省資源・リサイクル活動


環境への取り組み

事業活動による環境保全への取り組み省資源・リサイクル活動

OKIグループは事業活動における環境負荷低減策として省資源・リサイクル活動に積極的に取り組んでいます。

2017年度の実績

再資源化の推進(ゼロエミッション)

OKIグループは生産拠点などで発生する廃棄物を適切にリサイクルし、再資源化率(注1)の向上に取り組んでいます。2002年には、主要生産拠点においてゼロエミッション(注2)を達成し、2017年度は、再資源化率99.7%となりました。

主要生産拠点における廃棄物の再資源化率推移

主要生産拠点の廃棄物再資源化率推移のグラフ

  • 注1:再資源化率

    再資源化量/(再資源化量+最終処分量)×100

  • 注2:ゼロエミッション

    OKIグループは、再資源化率99%以上をゼロエミッションと定義。

廃棄物最終処分量

OKIグループの2017年度の主要生産拠点から排出される産業廃棄物と一般廃棄物を合わせた廃棄物の最終処分量は11tとなりました。

主要生産拠点の廃棄物最終処分量推移

主要生産拠点の廃棄物最終処分量推移のグラフ

国内外別廃棄物発生量推移

国内外別廃棄物発生量推移

資源の使用量

2017年度は水使用量1,460t(前年度比0.7%減)、OA紙使用量1.800万枚(前年度比0.56%減)となりました。

水使用量推移

水使用量推移のグラフ

国内外別水使用量推移

国内外別水使用量推移のグラフ

OA紙使用量推移

OA紙使用量推移のグラフ

ページの先頭へ