OKI Open up your dreams

コラム

2020年2月27日

お客様製品の高品質を試験・評価・解析で実現します

橋本 雅明(Masaaki Hashimoto)
OKIエンジニアリング代表取締役社長


OKIエンジニアリングって何をしている会社?

広瀬アリスさんに説明してもらうと、「お客様製品の高品質を試験・評価・解析で実現している」会社です。もう少し噛み砕いて言いますと、「製造業のお客様のお困りごとを解決する」ことを目指している会社です。

OKIグループの企業理念は、『「進取の精神」をもって情報社会の発展に寄与する商品を提供し、世界の人々の快適で豊かな生活の実現に貢献する』であり、その目指す姿は、『“モノづくり・コトづくり”を通じて、より安全で便利な社会インフラを支える企業グループ』です。

OKIエンジニアリング(以下、OEG)の「エンジニアリング」とは、お客様の「モノづくり」の高品質実現に、試験・評価・解析による「コトづくり」で貢献していくことだと認識しています。結果として、「より安全で便利な社会インフラを支え」、「世界の人々の快適で豊かな生活の実現に貢献」することを目指しています。

100年に一度と言われる自動車業界の技術革新を支えるOEG

それでは、OEGの事業内容をご紹介いたします。今回のコラムでは、CASEに代表される技術革新により、100年に一度と言われる大変革期にある自動車産業向けの信頼性評価・解析事業を中心にご説明させていただきます。

CASEとはご承知の通り、「Conncted(繋がる)、Autonomous(自動運転)、Shared(シェアリング)、Electric(電動化)」の略です。この中でも、技術的にはAutonomous(自動運転)とElectric(電動化)が大きなキーとなります。
自動運転は、交通事故死ゼロ、道路交通の効率化、高齢者の移動手段確保、運送業界での人員問題解消などがその目的と言われています。また電動化は、地球温暖化防止に向けたCO2などの温室効果ガス削減が目的となります。新しい技術・部品群としては、各種ECU、LIDAR、ミリ波レーダー、車載用イメージセンサー、赤外線カメラ、ステレオカメラ、高電力バッテリー、新素材半導体、軽量アルミ、炭素繊維など、枚挙に暇がありません。
そしてそれらを組み込んだモジュール、ユニット、製品が、自動車の隅々に搭載されます。自動車は当然ながら安全・安心でなければならず、その為には多種多様な試験・評価・解析が必要となります。OEGはこの試験・評価・解析を通じて、技術革新を支える黒子としての役割を演じています。

本庄工場の出世桜の写真
OEG「カーエレクトロニクステストラボ」で対応する主な車載電子機器・装置

OEGが提供する信頼性評価・解析サービス

(1)基本的性能の品質確保


電子部品の良品解析

OEGは自動車に搭載されるモジュール、ユニットのICやLSIなどの電子デバイスについて、良品選別測定や、将来の故障に至る危険性を排除するための解析・診断を行っています。

(2)使用環境の品質確保


塩水噴霧複合サイクル試験槽

快適な車内空間を確保するために、モジュールやユニットなどの電子機器は自動車の外回りに配置される傾向が強まっており、実際の使用環境に耐えるかを試験・評価する重要性が増しています。OEGは高温、高湿、振動、衝撃、ほこり、水、火、ガス、太陽光、気圧、薬品など、さまざまな耐環境試験を実施しています。

(3)故障解析による品質確保


実装基板の
ロックイン赤外線発熱解析

フィールドで発生した故障に対し、電子デバイス・電子基板の非破壊解析、破壊解析を行い、故障個所を特定しています。完成品メーカーでは設備面・技術面の問題から故障個所の特定が困難な事象に対しても、短時間、短期日での故障解析を実現しています。

(4)電磁環境における品質確保(EMC)


EMC試験 10m法電波暗室

限られた車内空間では、電子製品の誤動作の原因となる電磁波影響を排除する必要があります。これはEMC(Electoro‐Magnetic Compatibility:電磁環境両立性)と呼ばれています。簡単にいえば、その機器が他の機器に電磁波影響を与えず、また他の機器から電磁波影響を受けないことが担保されなければなりません。OEGでは、各種の国際規格、国内規格に対する試験を幅広く実施しているほか、自動車メーカー個別の規格に対しても試験可能な技術・ノウハウを蓄積しています。


群馬カーエレクトロニクス
テストラボ

これらの試験・評価を行っていく上で、OEGは諸々の第三者独立試験所としての認定資格を取得し、国内最高レベルの試験・解析環境、技術を保有しています。設備投資も積極的に行っており、昨年10月には、埼玉県本庄市に「車載専用のEMC第6電波暗室」を、また群馬県伊勢崎市に「群馬カーエレクトロニクステストラボ」を開設しました。

お客様の真のパートナーとなることを目指して!

今回は自動車産業向けの試験・評価・解析についてご紹介しましたが、OEGは宇宙航空、医療、産業工作、電子部品・半導体業界向けなどにも同様のサービスを提供しています。冒頭申し上げたように、OEGは「製造業のお困りごと解決する」ことを目指しており、大切なことは、お客様の真のパートナーとして認めていただけることと考えています。今後もお客様の高品質実現に貢献し、結果として社会・地球環境への貢献を果たしてまいります。
お困りごとがおありの際は、ぜひご連絡をお待ちしています!

コラム関連リンク

コラム内容に関するお問い合わせ先

ご質問・ご意見等がございましたら、以下のフォームよりお問い合わせください。
コラムお問い合わせフォーム
  • 記載されている会社名、商品名は一般に各社の商標または登録商標です。
  • 各コラムの記載内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ

Special Contents

      お問い合わせ

      お問い合わせ