OKI Open up your dreams

現在位置:Home > コラム2019年 > 夢の世界へ


コラム

2019年6月3日

夢の世界へ

圓尾 肇(Hajime Maruo)
執行役員兼経営企画本部経営企画部長


先日朝の情報番組で、今「完全食」がブームになっているというニュースを観ました。

「完全食」とは、「健康を維持するために必要な栄養を全て含んだ食品」を指すそうです。現在品薄になっている完全食パスタは、パスタの芯の部分に、現代人に必要なビタミン・ミネラル・食物繊維がプレスされているとのこと。調理や食事の時間を短縮して、バランス良い食事ができ、さらに生活習慣病の予防にもつながると、人気を博しているようです。

このニュースを観て、私は小学生のときに夢中で読んだ藤子・F・不二雄さんの『21エモン』という漫画に描かれていた「未来の人間の食べ物が全てガス化されている(ガスを吸うだけでさまざまな種類の食事の味を楽しめ、栄養が摂取できる)」というエピソードをふと思い出しました。そこで、45年ぶりに改めて読んでみることにしました。


今回手にした『21エモン』(藤子・F・不二雄、小学館コロコロ文庫)

『21エモン』が夢見た2020年の日本

江戸時代から続くおんぼろホテルの跡取り息子である主人公の21エモンが、ホテルに宿泊する宇宙人たちをもてなしたり、21エモン自らが宇宙旅行に出かけたりする中でのエピソードを綴った物語ですが、時代設定はなんと2020年。この作品が書かれた1970年に作者が50年後の日本の未来をどのように想像していたかが、実に興味深く描かれています。

『21エモン』が夢見た2020年の日本イメージ

  • 毎日宇宙船で、何万人ものさまざまな宇宙人が日本に訪れる。
  • 自動車は全て空を飛んでいる。自動操縦なので、子供も老人も運転が可能。
  • 世界中の都市は地下高速パイプでつながっていて、一時間以内でどの都市にも移動できる。
  • 缶詰ひとつに一か月分の食事が入っている。圧縮固形水は一粒1リットル。
  • 学校の授業は全て立体テレビの録画で自宅学習。(でも媒体は磁気テープ!)
  • 代金決済は宇宙共通の通貨で行うが、宇宙人も地球人も皆現金で支払う。
  • 判断すること以外の仕事は全てロボットが行っている。ロボットも自律していて、給料やチップを稼いで、燃料や電池を買って生活している。

1970年といえば、6桁の電卓が何万円もした時代。プログラミングの言語はPASCAL。フロッピーディスクは8インチで容量は80キロバイト。テレホンカードの登場が1982年ですから、電子マネーなんて概念も全くなかった時代です。そんな中で、科学技術の発展を確信し、より快適で便利な暮らしを夢見て、日本中皆でモーレツに働いていた時代です。

OKIが実現する「夢の世界」

実際の2020年の日本はどうでしょうか?さすがに自由に宇宙を行き来するまでには至っていませんが、日本でもここ数年で人の暮らしぶり、働きぶりに大きな変革が起きています。IoT(Internet of Things)の目覚ましい進化により、多くの人とモノがつながり、今までにないたくさんの新たな価値が生み出されようとしています。高速通信技術の進化により、メールやTV会議を活用した在宅勤務、テレワークなど、多様な働き方や雇用形態が新たに生まれてきました。

Society 5.0と呼ばれる超スマート社会の実現に向けて、OKIも135年を超える長い歴史の中で培ってきた技術を活かし、さまざまな社会の課題や困難の克服に積極的に取り組んでいます。

OKIが長年取り組んできた防災情報システムの進化は、災害に強い持続可能な都市を実現します。

OKIがATMやプリンターの開発で培ってきたロボティクス技術、セキュリティ・認証技術は、キャッシュレス化・決済の多様化に対応して、幅広い利用者への安全で便利な決済/サービスの提供を実現します。

OKIが強みを持つ交通分野におけるプローブデータ処理(注1)、V2Xネットワーク(注2)の技術の進化は、MaaS(モビリティ・アズ・ア・サービス)と称される「移動革命」の実現に寄与します。

『21エモン』で描かれた夢の世界が、より豊かで快適なものとなるように、ブランドスローガン「Open up your dreams」のもと、OKIもさまざまな分野で挑戦を続け、夢の扉を開いていきます。

OKI Open up your dreams OKIのブランドスローガンは、世界の人々の心豊かで安心、安全な夢の社会への扉を開くことを表しています。また、夢や希望が現実のものとなる情報社会を目指す私たちOKIの夢の実現をも表現しています。「あなたの夢を拓く」「想いを実現する」それがブランドスローガンに込めたOKIの約束です。OKIは夢の扉を開きます

OKI Open up your dreams OKIのブランドスローガンは、世界の人々の心豊かで安心、安全な夢の社会への扉を開くことを表しています。また、夢や希望が現実のものとなる情報社会を目指す私たちOKIの夢の実現をも表現しています。「あなたの夢を拓く」「想いを実現する」それがブランドスローガンに込めたOKIの約束です。OKIは夢の扉を開きます

  • 注1プローブデータ

    車両から収集される車両の位置情報や挙動情報

  • 注2V2X(Vehicle to Everything)

    自動車と他の自動車(V2V:Vehicle to Vehicle、車車間)、あるいは自動車とインフラ(V2I:Vehicle to Infrastructure、路車間)が相互通信することによって、自動車事故の低減や渋滞の緩和を目的とした無線通信システム

コラム関連リンク

コラム内容に関するお問い合わせ先

ご質問・ご意見等がございましたら、以下のフォームよりお問い合わせください。
コラムお問い合わせフォーム
  • 記載されている会社名、商品名は一般に各社の商標または登録商標です。
  • 各コラムの記載内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ



Special Contents

      お問い合わせ

      お問い合わせ