• 商品サービス
  • 投資家の皆様へ
  • OKIについて
  • 採用情報
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

現在位置:Home > コラム2016年 > IoTによりすべてが一つにつながる世界


コラム

2016年1月6日

IoTによりすべてが一つにつながる世界

横田 潔(Kiyoshi Yokota)
執行役員兼通信システム事業本部長


これまでのヒト・情報だけでなく身の回りのあらゆるモノが一つにつながる世界の実現に向け、IoT(Internet of Things)が注目されています。2020年にはネットワークにつながるモノの総数は250億個とも500億個とも予測されています。ありとあらゆる膨大なモノがIoTによりネットワークにつながる世界の実現に向けて、OKIも取り組んでいます。

IoTにより実現されること

IoTとは、これまで独立に存在していた各種のモノに通信機能を組み込み、ネットワークに接続することにより、新たな価値を創造する仕組みのことです。IoTは手段であってIoTにより何を実現するかが重要です。現在、次のような取り組みが各所で進められています。

  1. 効率化:ドイツで進められている生産効率の高いスマート工場を中心としたインダストリー4.0(注1)などと、これにより実現されるマスカスタマイゼーション(個別大量生産)
  2. 顧客満足の向上:自動車に対するネット経由でのソフトウェアアップデートや、収集した走行データによる保険料の設定および情報提供
  3. 新しいビジネスの創造:エンジン、建設機械、タイヤなどの製品にセンサーを取り付け、データを収集することによる、製品の物売りから各種サービス提供への転換
  4. 安全・安心な社会の実現:橋梁、トンネルなどにセンサーを取り付け、データを収集・分析することによる、老朽化の状況把握と予防保全

これらは一例であり、すでに実現しているものと実現のためにまだ時間のかかるものがありますが、ビックデータ分析、人工知能の進歩とも相まって、IoTにより暮らしやビジネスが大きく変わる可能性を秘めています。

  • 注1 インダストリー4.0:ドイツ政府が推進する製造業の高度化を目指す戦略的プロジェクトであり、情報技術を駆使した製造業の革新のこと

OKIの920MHz帯マルチホップ無線

OKIは920MHz帯マルチホップ無線を活用したIoTソリューションの実用化を進めており、様々な用途での利用拡大が進んでいます。920MHz帯無線は無線LANで使用される2.4GHz帯と比較して電波の到達距離が長く、また障害物を電波が回り込んで届く特性が高いため障害物が多い場所での利用が可能となります。さらに複数の無線装置を経由して、バケツリレーのようにデータを転送するマルチホップ無線を適用することにより、広いエリアの無線ネットワークを低コストで構築できる特長があります。さらにOKIは低速移動体への対応も可能としています。


図:920MHz帯マルチホップ無線の利用シーン

IoTに対する取り組み

この920MHz帯マルチホップ無線は、その特長により、障害物の多い場所などに存在する複数のモノに無線装置を組み込むことにより、効率的にネットワークに接続する有効な通信手段となります。たとえば、上で述べた低速移動体への対応が可能という特長も活かし、工場内で稼動する無人搬送車に無線装置を組み込み、遠隔での状態監視・制御を行うシステムへ適用することにより、無人搬送車の現在位置や稼動状態のリアルタイムでの把握を低コストで実現しています。またビル内にある各トイレのバルブの情報収集や遠隔制御を行うことにより、節水対策やトイレ内の異常検知などを行う遠隔トイレ管理サービスへの適用も実現しています。さらに橋梁監視、水道版スマートメーターへの適用など、社会インフラに対するパートナー様との共同による各種実証実験も進めています。

これからも、OKIは920MHz帯マルチホップ無線だけでなく、これまで培ってきたネットワーク、センサーなどの各種技術・ノウハウ、さらにはモノづくり力を活かし、IoTを実現する製品・プラットフォーム、ソリューションをパートナー様との協力のもと、お客様に提供していきます。

おわりに

IoTによりリアルとバーチャルの世界が融合し、すべてが一つにつながる世界の実現へと進んでいます。大きな可能性と対策すべきリスクが混在する世界です。その世界の中でヒトが主役であり続けるために、我々一人ひとりは何をどう考え、どう行動すればよいのか、未来に対する想像が拡がっていきます。

コラム関連リンク

コラム内容に関するお問い合わせ先

ご質問・ご意見等がございましたら、以下のフォームよりお問い合わせください。
コラムお問い合わせフォーム
  • SmartHopは沖電気工業株式会社の登録商標です。
  • 記載されている会社名、商品名は一般に各社の商標または登録商標です。
  • 各コラムの記載内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ



All rights reserved, Copyright © 1995-2019 Oki Electric Industry Co., Ltd.