• 商品サービス
  • 投資家の皆様へ
  • OKIについて
  • 採用情報
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

現在位置:Home > コラム2013年 > 電子機器の試験・評価・解析の専門家として40年


コラム

2013年12月17日

電子機器の試験・評価・解析の専門家として40年

浅井 裕(Yutaka Asai)
OKIエンジニアリング
代表取締役社長


OKIエンジニアリング(OEG)は電子機器の信頼性試験や性能評価、故障解析等を柱に1973年に設立され今年で40周年を迎えました。

OEGが設立された時期は、旧日本電信電話公社(電電公社)がリレー技術を使ったクロスバー方式の電話交換機から電子式の電話交換機(D10形)に切り替え始めたタイミングと一致しています。コア技術がリレーから電子部品・電子回路・コンピューターに切り替わる、まさに技術の転換期にOEGは電子部品・電子機器の信頼性確保のために研究・開発部門をサポートする機関として設立されました。

信頼性試験と解析を支える設備たち:左から恒温恒湿室、EMCサイト、走査型電子顕微鏡、質量分析装置

エレクトロニクスの進歩を正確な解析技術が支える

エレクトロニクスを利用する分野は広範囲です。スマホやタブレット端末にかぎらず、ロボットや自動車に数多く搭載されるECU(Engine/Electronic Control Unit)や、M2M/IoT(Machine-to-Machine/Internet of Things)に入るセンサーや通信デバイスなどにも広がり、小型化・高密度化や新素材・新素子の技術開発がこれを支えています。しかしながら、このような新技術の開発・導入には不具合や不安定さが付きもので、それらを解決していかなければなりません。手元にある日々の問題点を一つ一つ丁寧に解析し、製品にフィードバックすることで安心して使える新製品を実現できます。解析技術とはエレクトロニクスの進歩を支える品質と信頼性のインフラなのです。

試験・評価・解析技術は職人の世界


匠の技:強酸に弱い銅細線ワイヤを利用する
先端LSIの開封に成功

OEGは、創立以来40年間、ひたすら、技術と経験の蓄積に努めてきました。コンデンサーなど電子部品やモジュールの故障メカニズムを解明したり、LSIの故障や不具合を製造プロセスの観点にまで立ち返って原因追究したり、先端的部品の信頼性を評価したり、劣悪な環境の中での耐力試験をしたり、EMCや安全性など装置の性能を評価したりと、その取り扱い数は年間約1万件に上ります。その結果、データやノウハウ・知見が積み重なり、たとえば、不具合状況や症状をお聞きした段階で、故障原因を究明するために何をすべきか、何が必要かを導出する手立てを企画し提案することもできるようになりました。

日々進歩する解析装置とそれを使いこなすノウハウ

エレクトロニクス技術の高度化に伴って、解析の技術や装置も日進月歩で進化しています。勢い、解析装置も高価になり、使いこなす技術・ノウハウも高度化・専門化しています。また、さまざまな装置・手法をどのように組み合わせて解析するかの解析企画力を持つ人材も重要になってきています。たまにしか発生しない故障の解析や、製品の特殊な評価のために、このような設備と人を企業の中で常に手元に抱えておくことは、必ずしもコストに見合うとは言えません。このようなまさかの時こそ、最先端の設備と40年の歴史を併せ持つ専業のラボである我々OEGがお役に立てる場面です。

総合的な解析:異常発熱箇所を10µのオーダーで特定できるロックイン発熱解析装置で障害個所を特定。
さらに、さまざまな解析装置を駆使して、半導体のピン間にマイグレーションによる導通の痕跡を検出。

OEGではこれからも専業ラボとして、最先端の解析・計量設備の導入と、統合的な利用技術の開発を進めて、お客様の持たない経営をサポートしてまいります。

試験・評価・解析をベースにしたソリューション

OEGに蓄積されたこれらのノウハウはさまざまな応用分野を持っています。この中には、部品データベースの構築と代替え部品の捜索や、特殊要求に適合できる部品の選別、排水・排ガスなど環境を守るための調査と対策システムの提供などを、ソリューションとして提供しています。

OEGはまさかの時の助け舟:お困りの時はOEGのWEBへ

OEGはIECQ(IEC Quality Assessment System for Electronic Components:IEC電子部品品質認証制度)の独立試験所としての認定を持っており、公正で中立な第三者の立場で評価・解析等を行い国際的に通用するデータをご提供します。

また、その一方で、OEGではこれまでに蓄積されたデータやノウハウ・知見を、一般のお客様にご利用いただけるように積極的にWEBや学会やプライベートセミナーなどで広く情報を公開しております。故障・障害の対策や、信頼性と安心・安全の確保、そして各種の認証取得などでお困りの時は、当社のWEBをご覧ください。WEBにはお問い合わせ先を記しており、いただきましたお問い合わせには、経験豊かな技術者が課題を伺い、解決へのアプローチをご提案申し上げます。

コラム関連リンク

コラム内容に関するお問い合わせ先

ご質問・ご意見等がございましたら、以下のフォームよりお問い合わせください。
コラムお問い合わせフォーム
  • 記載されている会社名、商品名は一般に各社の商標または登録商標です。
  • 各コラムの記載内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ



All rights reserved, Copyright © 1995-2019 Oki Electric Industry Co., Ltd.