OKI Open up your dreams

現在位置:Home > コラム2010年 > ビジネスの原点であるお客様のために


コラム

2010年6月16日

ビジネスの原点であるお客様のために

宮下 正雄(Masao Miyashita)
取締役専務執行役員兼統合営業本部長


統合営業本部の宮下です。

この4月1日、OKIはこれまで事業本部にあった営業機能を分離集約し、営業力の強化を図るために、統合営業本部を設立しました。

これまでOKIの営業は、強みのある商品を特定の市場に提供させていただくことが多く、どちらかといえば所属する事業本部の商品を中心とした営業活動になりがちでした。自分が担当する商品については自信を持ってご提案してきましたが、異なる事業本部の商品に関する知識が浅く、OKIが持つ多くの技術、商品・サービスをご紹介しきれていなかったのではないかと思っています。

ビジネスの原点とは、お客様に付加価値の高い商品・サービスを提供し、満足していただくことで信頼していただき、さらなるお引き立てをいただくことにあります。OKIが過去129年の歴史で培ってきた情報・通信の技術をもって、お客様のお役に立つものを作り出していくことこそが、OKIの使命です。

今回、営業を市場基軸にしたことで、担当する市場・お客様にワンストップですべてのOKI商品をお届けする体制をスタートさせました。また、事業部は、商品を基軸に、広くニーズを捉えた商品・サービスを開発していきます。グループ企業は、これまで自主販売を主軸としてきましたが、これからは事業本部との連携を強化し、OKI全体最適で販売可能な体制とします。

OKIのワンストップ体制

新本部の発足に当たっては、OKI営業の心の共有を図るために、新しく『OKI営業心得』を制定いたしました。「お客様第一主義」「自己研鑽」「チームワーク」を合言葉に、営業の一体感を醸成し、コミュニケーションを深めていきたいと思っています。

新しい体制はまだ始まったばかりではありますが、隣りの本部の営業部隊がお客様にどんな価値を提供しているのか、どんな技術を強みとしているのか、「知っていること」「知りたいこと」のやりとりが始まっています。

また、OKIグループの連携としては、昨年度、一足先にグループ企業の地方営業拠点を統合し、お互いの顔が見える環境を作ったことで、新しいご提案の機会が生まれてきました。ちょっとしたミーティングや意見交換の場を増やすことで、商品のアイディアやヒントを形にしていきたいと考えています。

さて、一人ひとりがOKIグループ全体の技術力、商品・サービス力の知識を高めるとともに、OKIグループの総合力を駆使した、お客様の立場に立った最適なソリューションをご提案できる体制の構築することができました。これから、統合営業本部が核となって、お客様にOKIのすべてをご紹介したい。OKIを知っていただきたいと思います。

OKIショールーム
OKIショールーム

たとえば、愛宕にあるOKIショールームには、お客様の利用シーンに合わせたたくさんのOKIの商品・サービスが展示されています。是非、OKIショールームにお越しいただき、見て、触って、音を聞いて、OKIの技術を体感していただくとともに、OKIが総力を挙げて提供するソリューションに期待いただきたいと思います。

営業は、お客様から一番近い場所にいます。お客様がやりたいこと、あったらいいなと思っておられること、あるいはお客様の期待を超える商品・サービスを提供することでお客様に満足していただくことが営業の喜びです。

ビジネスの原点であるお客様のために、これからもOKIが持つたくさんの価値を提供し、お客様とともに喜んでいきたいと思います。

コラム関連リンク

コラム内容に関するお問い合わせ先

ご質問・ご意見等がございましたら、以下のフォームよりお問い合わせください。
コラムお問い合わせフォーム
  • 記載されている会社名、商品名は一般に各社の商標または登録商標です。
  • 各コラムの記載内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ



Special Contents

      お問い合わせ

      お問い合わせ