現在位置:Home > コラム2008年 > 皆様の暮らしに貢献するOKI


コラム

2008年5月7日

皆様の暮らしに貢献するOKI

  • 宮下 正雄(Masao Miyashita)
    情報通信グループ
    情報システム事業グループ
    システムソリューションカンパニー
    プレジデント

情報システム事業グループ システムソリューションカンパニー(以下、SSC)の宮下です。

私は仕事柄、国内外のお客様を訪問したり、支社・支店との打合せなどで出張する機会が多く、移動手段として新幹線や飛行機をよく利用します。読者の皆様の中でも、旅行や出張などで新幹線や飛行機を使われる機会の多い方は、ここ数年で「移動」の形が大きく変わっていることに、お気づきのことと思います。

私もそうでしたが、以前は出張の際には、旅行代理店や駅の窓口などに直接足を運び、希望する新幹線や飛行機の座席を事前に予約・購入し、発券された切符やチケットを無くさないように手元にしっかり持って出かけたものです。

それが今では、"インターネットで飛行機のチケットを購入する"、"携帯電話で新幹線の指定席を予約する"、"窓口に並ばなくても自動発券機で購入できる"、"急に予定が変わっても、携帯電話で予約した指定券を変更できる"等々、従来は窓口に並ばないとできなかったチケットの手配や変更が、インターネットや携帯から簡単にできるようになりました。さらに、携帯電話にチケットをダウンロードしておけば、チケットを持たずに、すべて携帯電話をかざしてゲートを通るだけ。数年前までは夢でしかなかった世界が、今では現実のものとなったと実感しています。

これらの便利になったサービスの裏側には、私共OKIがご提供する「駅の予約・発券端末システム」や「空港の自動チェックインシステム」など、「安全・安心で、しかも利便性のよい」システムがあり、皆様の暮らしに貢献しています。こういったシステムには、有線や無線の「通信ネットワーク技術」、銀行ATMに代表される「メカトロ技術」、並びに使い勝手を追求した「ヒューマンインターフェース技術」など、OKIが長年にわたり培ってきた多岐に及ぶ技術を結集しています。近年ではますます増え続けている海外からのお客様に向けて、駅の「情報案内板」やパスポートを利用したホテルでの「チェックインシステム」などをご用意し、快適な旅行を続けていただくためのサポートをしております。

さらに、鉄道や飛行機以外でも、皆様が普段生活する上で利用する道路や自動車にも、私共OKIがご提供させていただいているシステムや技術が使われています。その中からいくつかご紹介したいと思います。

高速道路で皆様も最近良く利用されるETC(Electronic Toll Collection System)は、有料道路の通行券受け取りや支払いをノンストップで行えるシステムです。ETCには、DSRC(Dedicated Short- Range Communication:専用狭域通信)というOKIが得意とする通信技術を採用しており、高い信頼性と、高速で大量の情報伝送を可能にしています。今では、高速道路のインターチェンジ以外にも、サービスエリアやパーキングエリアなどから直接一般道に降りることができる「スマートインターチェンジ」が本格導入され始めました。なお、ETCに使われている高速大容量の通信技術は道路以外の用途への応用も始まり、駐車場やコンビニエンスストア、ガソリンスタンドの決済処理など、多様なアプリケーションへの展開も始まっています。

また皆様が普段なにげなく使っているカーナビ。そこにはVICS(Vehicle Information and Communication System:道路交通情報通信システム)を通して、渋滞情報や規制情報などがリアルタイムに表示されています。OKIは、VICSセンターの通信制御装置から道路に設置されたアンテナまで、幅広く提供しています。

ところで、皆様は、空にも道があるのをご存知ですか?飛行機は時速800キロメートルほどのスピードで飛んでいます。道路標識もセンターラインもない空の道を間違えずに飛ぶために、飛行機は地上施設から、必要な指示や情報を得て航行しています。実は、そこにOKIの技術が使われています。


システム統制装置イメージ図

航空管制官は、天気や飛行機の運航状況を確認しながら、パイロットに離着陸の許可や飛行高度、飛行ルートの指示等を行います。その音声による通信に用いられるのが、OKIの航空管制卓です。また、飛行機の安全運航を支える航空レーダーや通信施設等の稼動状況を、OKIのシステム統制装置と呼ばれる装置を使って、24時間監視しています。

最新の技術で開発された航空管制卓やシステム統制装置は、成田、関西をはじめとする国際空港や全国の主要な空港と、日本の空をカバーする4ヶ所の航空交通管制部に置かれて、空の道の安全を支えています。私共OKIは、皆様が安心して空の旅に出かけていただくための、大変重要な役割を務めさせていただいています。

皆様が安心して時間通りに出張をこなしていただくこと、笑顔で旅行にお出かけいただくことが、私共OKIが皆様にお届けする「価値」そのものであり、大きな喜びでもあります。そのために、ここでご紹介しました以外にも、私共OKIはさまざまなシステムや技術をご提供させていただいています。

さらに、NGN(Next Generation Network:次世代ネットワーク)上に展開されるユビキタスサービスという新しいパラダイムシフトにも、私共OKIは積極的に取り組んでいます。ここから生まれる「安全・安心、便利」なソリューションを皆様の暮らしにご提供してまいります。皆様が、「あっ、また便利になったな!」と感じられたとき -- そこではきっとOKIがシステムをサポートしている、これからもそんな存在であり続けたいと思います。

コラム関連リンク

コラム内容に関するお問い合わせ先

ご質問・ご意見等がございましたら、以下のフォームよりお問い合わせください。
コラムお問い合わせフォーム
  • 記載されている会社名、商品名は一般に各社の商標または登録商標です。
  • 各コラムの記載内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ