• 商品サービス
  • 投資家の皆様へ
  • OKIについて
  • 採用情報
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

現在位置:Home > 商品・サービス > マネージドクラウドEXaaS(エクサース) > 活用事例


マネージドクラウド
EXaaS(エクサース)

活用事例 マネージドクラウド EXaaS(エクサース)活用事例

お客様のご要望に対応するEXaaSの活用事例の一部を紹介いたします。

目的1:メールなどのノンコア業務への投資を効率化したい(情報共有基盤サービス/セキュリティサービス)

オフィスのIT環境は様々な機器やスマートフォン、タブレット端末がネットワークに接続する等複雑化しています。また、企業の情報漏洩等が発生した場合の社会的影響が大きく、企業の事業継続にも影響する大きな問題となっています。

  • 各種サーバーをEXaaSプラットフォームに集約し、安全なデータセンターに設置
  • セキュリティ対策やIT運用監視もEXaaSのサービスを利用し、IT管理者の負荷を軽減
  • 仮想PCにより、PC本体を仮想化しデータセンターに集約、お客様側のセキュリティ対策や運用管理コストを低減

活用事例:情報共有基盤サービス/セキュリティサービスに関するイメージ図

ページの先頭へ

目的2:投資を最小限に抑えつつ、業務アプリを迅速に開発したい(開発環境提供サービス)

ITの開発現場では、プロジェクトフェーズにより、必要なサーバー数の変動の多く、これまで開発に必要なサーバーの準備、試験環境の構築に多くの時間とコストがかかっていました。
EXaaSプラットフォームサービスは、仮想サーバーをお客様のニーズに合わせ追加・削減が容易に行えます。

  • サーバー/開発環境のリードタイムを短縮
  • 開発環境構築のコスト・時間を節約
  • 実システム以上の台数の確保した試験が可能
  • 開発終了時の作業を軽減

活用事例:開発環境提供サービスに関するイメージ図

開発プロジェクトフェーズ毎に必要なときに必要なだけ仮想サーバーを利用し、柔軟に開発を行うことができます。

ページの先頭へ

目的3:投資を最小限に抑えつつ、ビジネスの継続性を確保したい(為替OCR予備システム)

金融機関では、事業継続対策(BCP対策)として、基幹系システムについては、遠隔地へバックアップシステムを保有する体制の整備が進んでいます。さらに最近では、ミッションクリティカルなシステムとして高い可用性が求められる為替OCRシステムについても、緊急事対応用として予備システムを準備するニーズが高まっています。

本サービスは、金融機関で稼働している為替OCRシステムのバックアップをOKIのクラウドサービス「EXaaS」のデータセンター上に置くことにより、非常時に稼働させるものです。為替OCRシステムが停止すると、銀行内に設置しているエントリー用PCやイメージ読取用PCの接続先を予備システムに切り替えることにより、業務の継続を実現します。

活用事例:為替OCR予備システムに関するイメージ図

ページの先頭へ



All rights reserved, Copyright © 1995-2019 Oki Electric Industry Co., Ltd.