OKI Open up your dreams

導入事例

OKIグループの商品・サービスにより課題を解決された
お客さまの声や、共創への取り組みをご紹介します。

企業情報

株式会社千葉興業銀行

会社名
株式会社千葉興業銀行 様
所在地
千葉県千葉市美浜区幸町2丁目1番2号
創立
1952年1月18日
従業員数
1,348名
(2020年3月31日現在)
ホームページ
公式サイト
詳細を開く
お問い合わせ

ISDNサービス終了を見据え「LTEモバイルソリューション」を採用
店舗外ATMの回線コスト削減と共に、将来の機動的配置が可能に

千葉興業銀行外観

地域に根付く金融機関として、千葉県の発展を支えてきた千葉興業銀行様。同行はデジタル化に伴う銀行機能や営業スタイルの変化を見据え、2024年にサービスが終了するISDN回線の後継として、OKIが丸紅ネットワークソリューションズとの協業で開発した「LTEモバイルソリューション」を採用。長年に渡り同行のインフラを支えてきたOKIが、千葉県全域113カ所の店舗外ATMへの展開を行い、2020年12月より本格運用を開始しました。

概要

課題
  • 2024年のISDN回線サービス終了を見据えた、店舗外ATMの後継回線の選定
  • 安全な金融サービスを提供するための確実なデータ送受信の実現と回線コストの削減
  • ATMを利用するお客さまの生活・行動様式の変化に応じた、店舗外ATMの柔軟な再配置
成果
  • 113カ所の店舗外ATMに「LTEモバイルソリューション」を導入
  • ISDN回線からセキュアな閉域網LTE通信への切り替えにより回線コストを削減
  • 無線回線の利用で将来の移設や新規出店時の機動性が向上

導入ソリューション

OKIが、MVNO事業を展開する丸紅ネットワークソリューションズとの協業により開発した「LTEモバイルソリューション」は、空き帯域を有効活用することで、ISDNからのマイグレーションにより、月額回線費用を最大50%低減します。LTEモジュールとアナログ回線インターフェースの電話機能を搭載したOKIのマルチキャリア対応音声IoTゲートウェイ装置により、高い品質の音声通話とデータ通信を1台の機器で実現します。お客さまの各拠点と中央で管理するセンターとのデータのやりとりや音声通話は、モバイル回線によりOKIのデータセンターを経由して行われます。

LTEモバイルソリューション説明図

詳細

課題・背景

2024年のISDN回線サービス終了を見据え、
店舗外ATMの後継回線の選定が喫緊の課題に


千葉興業銀行
経営企画部 部長代理
兼 IT企画室長
宇佐見 信吾氏

1952年の設立以来、地域に根付く金融機関として千葉県の発展を支えてきた千葉興業銀行様。同行はいま、少子高齢化やテクノロジーの進化に伴うお客さまのニーズの多様化・高度化に対応するべく、新スローガン「WITH YOU~~より近く。より深く。ともに未来へ。~」を掲げ、お客さまが抱える事業承継や人材、経営効率化などの経営課題やさまざまなニーズにお応えするコンサルティング・バンクとしての活動にも注力しています。

千葉興業銀行 経営企画部 部長代理 兼 IT企画室長の宇佐見信吾氏は、今回の取り組みの背景を次のように話します。「当行では千葉県全域、113カ所に店舗外ATMを展開しています。これらの店舗外ATMでは、勘定系のデータ送受信、ATM監視、オートホンによる音声通話などを複数のISDN回線を用いて実施してきました。2024年にISDN回線のサービスが終了するにあたって、後継となる回線の選定が、喫緊の課題となっていました」。

同行ではこれに先立ち、2017年より3カ年で老朽化対策と機能強化、コスト削減などを目的としたネットワークの更改計画が進行していました。フェーズ1としてデータセンターと各営業店間のネットワークを更改し、フェーズ2としてデータセンターの基幹システムを更新。今回の店舗外ATMのISDN回線廃止に伴う回線のリプレースは、フェーズ3にあたります。

導入のポイント

店舗外ATM回線リプレースに同行が求めた3つの要件

ちば興銀コンピュータソフト ソリューション営業グループ マネージャーの新井義男氏は、店舗外ATM回線リプレースにあたっての要件は大きく3つあったと語ります。「まず一つ目は安全な金融サービスを提供するための確実なデータ送受信の実現。二つ目は経営効率化の一環としての回線コストの削減。三つ目はATMを利用するお客さまの生活、行動様式の変化に応じた店舗外ATMの柔軟な再配置でした。それらに対し、これまで長年、当行のATM運用保守を始め、ネットワーク更改のフェーズ1、2にも関わっていただいているOKIから『LTEモバイルソリューション』を提案いただき、検討に入りました」。

ATMの機動的配置を実現する無線通信の可能性に着目
トータルコスト低減や敷設リードタイム短縮、災害時のBCPにも期待


ちば興銀コンピュータソフト
ソリューション営業グループ マネージャー
新井 義男氏

バックアップ回線とはいえミッションクリティカルな銀行業務にLTE無線回線を採用した理由について、宇佐見氏は「当行の業務においても無線、LTE回線の利用機会が増え、行内でも利用に対する不安感はかなり払しょくされていました。LTE回線にすることで、これまで勘定系データとオートホンによる音声通話の2回線があったISDNを1つにまとめることができ、回線コストの大幅な削減が見込めることに加え、回線敷設工事が不要で回線開通までのリードタイムが削減できるといったメリットが享受できます。他のLTE回線サービスとの違いという点では、「LTEモバイルソリューション」にはデータ送受信に優先制御機能があることから、確実性の高さを評価しました。そして、金融業界での経験と実績が豊富で当行の業務やネットワークについても深い理解のあるOKIのソリューションなら大丈夫、という安心感がありました。万一の際の障害対応も、OKIならトータルでサポートいただけるという期待が持てました」と話します。


マルチキャリア対応音声IoTゲートウェイ

加えて新井氏は、「震災や台風などの自然災害への対策という視点で、主回線とバックアップ回線を有線、無線に分散することによるリスク低減という期待もありました」と、BCP(事業継続)観点での期待効果を語りました。同行ではこれらのメリットを総合的に検討し、県内113カ所の店舗外ATMにおけるISDN回線の後継としてOKIの「LTEモバイルソリューション」を選定、2020年内の運用開始を目指すこととなりました。

成果・今後

113カ所の店舗外ATMに展開が完了。回線コスト削減に加え、
将来に向けた移設や新規出店における柔軟性にも手ごたえ

プロジェクト進行中、新型コロナウイルス感染拡大の影響により進捗が危ぶまれた時期もありましたが、それも乗り越え、2020年11月に全店舗外ATMへの展開が完了。12月より運用が開始されました。

新井氏は、コスト削減および敷設時における効果を次のように話します。「回線コストについては、ISDN回線からセキュアな閉域網LTE通信への切り替えによる削減が期待されます。また、店舗外ATMは駅や商業施設などさまざまな環境にありますので、敷設にあたっては事前調査ならびに関係者との調整などにかなり気を使います。『LTEモバイルソリューション』は有線による敷設に比べてその辺りの負荷が軽減できる点でも、効果を感じました。また、機動性の高い無線ネットワークを採用したことにより、今後、人口動態により店舗外ATMの設置場所が変動する可能性が高まるなか、将来に向けたATMの移設や新規出店における柔軟性や効率性への手ごたえを得ることができました」。

長年に渡り寄せる、OKIへの全幅の信頼

最後に宇佐見氏は、今後の展開並びにOKIへの期待について、次のように締めくくりました。「これから、銀行業務やお客さまの生活がデジタル化し、さまざまなデータを活用したサービスの提供がいっそう活発になると思います。そのため、それらを支える、つなぐ基盤としてのネットワークインフラの重要性が増していくことでしょう。その点、長きにわたって信頼性の高いインフラを提供してきたOKIには全幅の信頼を置いています。今後も、我々の課題を解決する新しい情報提供や、提案に期待しています」。

関連リンク

お問い合わせ先

ご質問・ご意見等がございましたら、以下のフォームよりお問い合わせください。
導入事例お問い合わせフォーム
  • 記載されている会社名、商品名は一般に各社の商標または登録商標です。
  • 各導入事例の記載内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。

2021年1月掲載

Get Adobe Reader
PDFの閲覧にはAdobe Readerが必要です。Adobe社のサイトからダウンロードしてください。
お問い合わせ

Special Contents

      • YouTube

      お問い合わせ

      お問い合わせ