沖電気研究開発(No.179)

遠隔医療支援システム

鎌田 史隆
 

ネットワークの高度化、高速化に向けて、さまざまな動きが活発化している。この、新しいネットワークは社会に大きな変革をもたらすものであるが、その有効なアプリケーションとして期待される分野の1つに、遠隔医療がある。当社は名古屋において遠隔医療支援システムを試作開発し、実験、評価を行った。実験においては、医用画像伝送、コラボレーション、ビデオカンファレンス等の機能を統合し、遠隔医療支援業務に対し優れたヒューマンインタフェースを提供している。
高速広帯域ネットワークの普及に伴い、遠隔医療支援機能や実施地域が充実し、今後重要性が高まっていく医療の分野において、高度な医療を受ける機会の均等化、病診連携によるきめ細かい医療の充実等、新しい形態の医療の出現が期待される。



ホームページへ戻る 『沖電気研究開発』の先頭へ戻る

Copyright (c) 1998 Oki Electric Industry Co., Ltd.
www-admin@www.oki.co.jp