沖電気研究開発(No.179)

MHN-Sノードシステム

相場 信夫
 

本MHN-Sシステムは、既存STM(Synchronous Transfer Mode)系サービスおよびパケット系サービスの設備置換を主目的とし、大容量・小型化を達成するとともに、加入者収容部のマルチロケーション設置形態およびISDNパケット処理のハードウェア化によるソフト呼処理への負荷軽減を実現している。また加入者収容部では、BOCU(ISDN/PHS)およびSLICのパーチャネル化(1加入/カード)を実現させ、飛躍的な保守性・信頼性の向上を図ることができた。本稿では、これらのハードウェア構成について述べる。



ホームページへ戻る 『沖電気研究開発』の先頭へ戻る

Copyright (c) 1998 Oki Electric Industry Co., Ltd.
www-admin@www.oki.co.jp