沖電気研究開発(No.173)

スローオン・スローオフ光MOSリレー

虎澤裕康 水内賢二

 OCU(Office Channel Unit)の給電装置部の極性切り替えスイッチとして使用される光MOSリレーには、緩やかにオン・オフすること、かつこの特性が入力電流の広い領域で満たされることが要求されている。このようなアプリケーションに対応するため、AlゲートMOSFET、NPNトランジスタ、拡散抵抗から構成される電流制限回路を、誘電体分離技術を用いて受光素子に内蔵した。この受光素子を光MOSリレーの受光部とすることで、入力電流のより広い範囲でスローオン・スローオフの応答速度をもつ光MOSリレーを実現した。入力電流が0.6mA以上の範囲で入力電流の依存性がないことを確認し、その応答速度として動作時間12.5ms、復帰時間2.6msを得た。



ホームページへ戻る 『沖電気研究開発』の先頭へ戻る

Copyright (c) 1997 Oki Electric Industry Co., Ltd.
www-admin@www.oki.co.jp