沖電気研究開発(No.171)

物流システムにおけるマルチエージェントの応用

卯木輝彦 猪狩英夫 末竹規哲


 次世代の広域物流拠点として,公共的に利用する大容量物流ターミナルでは,無軌道で自律走行が可能な多数の無人搬送車が分担して,荷役搬送作業を行う。この物流ターミナルにおいて多様な変化に柔軟に対応できるシステムを実現するために,無人搬送車のリアルタイムスケジューリングに,マルチエージェントの概念を採り入れ,エージェント間コミュニケーションにおける協調プロトコルとして契約ネットを応用するものとした。各エージェントにおける意思決定時の価値基準の違いがシステムの挙動に与える影響について,シミュレーションを通して考察し,その結果から物流ターミナルにおいて適当な価値基準の指針を与えている。


ホームページへ戻る

Copyright (c) 1996 Oki Electric Industry Co., Ltd.
www-admin@www.oki.co.jp