• 商品サービス
  • 投資家の皆様へ
  • OKIについて
  • 採用情報
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

現在位置: Home > OKIについて > 企業情報 > What's New > OKI、「鉄道技術展2017」に出展


2017年12月8日

OKI、「鉄道技術展2017」に出展

OKIは、2017年11月29日から12月1日に、幕張メッセで開催された「鉄道技術展2017」に出展しました。「駅と沿線インフラを支える鉄道ソリューション」をテーマに、「駅内サービスゾーン」と「沿線インフラゾーン」のコーナーを設け、鉄道分野で活用いただける各種ソリューションをご紹介しました。

「駅と沿線インフラを支える鉄道ソリューション」をテーマとしたOKIブース
「駅と沿線インフラを支える鉄道ソリューション」をテーマとしたOKIブース

駅内サービスゾーン

AIアシスト端末(参考出展)

AIアシスト端末(参考出展)
AIアシスト端末(参考出展)

音声およびタッチ入力で画面を操作できるKIOSK端末です。端末操作に不慣れな方でも、バーチャルオペレーターと対話しながら簡単に利用できます。雑音除去マイクを装備し、周囲の雑音を除去することで、端末利用者の声のみを認識できます。音声認識に多言語翻訳を組み合わせることで、訪日外国人向けの接客チャネルにも活用いただけます。

行先案内表示器(参考出展)

行先案内表示器(参考出展)
行先案内表示器(参考出展)

列車の行先案内を文字、画像、アニメーションで表示します。列車運行情報、緊急案内など各種コンテンツデータを登録して、スケジュール設定ができます。4カ国語(日英中韓)を標準とし、さらなる多言語への拡張が可能です。緊急時は、すべての表示器のコンテンツを一斉に切り替え、お客様の誘導が可能です。

沿線インフラゾーン

映像IoTシステム「AISION™」

映像IoTシステム「AISION」
映像IoTシステム「AISION」

H.264符号化形式を採用し、高画質映像データの大幅な圧縮による映像配信の効率化と、顔認識・物体認識などの画像センシング認識技術により、高度なサービスを提供します。デモでは、顔認識により該当する人物に適合した際には、タブレット端末に通知する様子をご紹介しました。駅構内の混雑状況の把握や、顧客の動線解析による窓口混雑の予測による顧客サービスの向上に活用できます。

映像IoTシステム「AISION」

クラウド型映像監視サービス「TRASCOPE」

クラウド型映像監視サービス「TRASCOPE」
クラウド型映像監視サービス「TRASCOPE」

カメラ内部に保存された映像データから、必要な映像のみをLTE経由でクラウドに送信し、映像を遠隔で視聴できるサービスです。災害による停電時には、リサイクル型バッテリーなどの非常用電源があれば映像監視が始められます。OKIの920MHz無線マルチホップ「SmartHop®」との組み合わせにより、普段は静止画を、土砂崩れなどの兆候を感知したときには映像データを送るといった使い方も可能なことをご紹介しました。

SmartHop+IoT連携ソリューション

SmartHop+IoT連携ソリューション
SmartHop+IoT連携ソリューション

電波到達性の高い920MHz帯無線と省電力のマルチホップ中継機能に対応した無線モジュールを、各種センサー装置や計測システムに組み込むことにより、広範囲で信頼性に優れた無線ネットワークを配線無しで構築することができます。実際に振動データを収集し、閾値を超えた場合にはアラームを発するデモをご紹介しました。

920MHz無線マルチホップ「SmartHop」

エリア収音ハンドセット

エリア収音ハンドセット
エリア収音ハンドセット

OKI独自技術のエリア収音機能を小型モジュール化し、ハンドセットの送話器に実装しました。消防・救急などの大音量の環境のなかでも、周囲の音を完全にシャットアウトしたクリアな音声の送信が可能なことをデモでご紹介しました。指令所と駅や、列車間、保守現場などでの音声通話にも活用いただけます。

プレスリリース 騒音下で利用者の声のみを収音するエリア収音技術を搭載した「エリア収音ハンドセット」を開発

インフラ点検レポートサービス

インフラ点検レポートサービス
インフラ点検レポートサービス

トンネルや橋梁などのインフラ構造物点検に関わる現場作業から事務所作業まで、一連の点検業務の品質向上と大幅な効率化をサポートします。点検現場でタブレットから入力したデータを、クラウドサービスが取りまとめて調書形式で出力します。安価な費用で、必要な時にのみご利用いただけます。NETIS登録番号:TH-170006-A。

インフラ点検レポートサービス

本展示会には全体で32,283名(主催者発表、橋梁・トンネル技術展を含む)が来場され、OKIのブースにも多くのお客様にお立ち寄りいただき、鉄道分野に関わる当社の取り組みをお伝えすることができました。

  • 沖電気工業株式会社は通称をOKIとします。
  • AISIONは、沖電気工業株式会社の商標です。
  • SmartHopは、沖電気工業株式会社の登録商標です。
  • その他、本文に記載されている会社名、商品名は一般に各社の商標または登録商標です。

本記事は2017年12月に掲載しました。記事中に記載する数値、固有名詞、市場動向等は掲載日現在のものです。

ご質問・ご意見等がございましたら、以下のフォームよりお問い合わせください。



All rights reserved, Copyright © 1995-2018 Oki Electric Industry Co., Ltd.