現在位置:Home > 商品・サービス > サーバー関連製品 > ミドルウェア > Oracle Fusion Middleware > Oracle JRockit


Oracle Fusion Middleware

Oracle JRockit

JRockit JVM は、Java アプリケーションの信頼性、スケーラビリティ、管理容易性、および柔軟性を保証するために開発された高性能 JVM です。JRockit JVM は、Intel 32 ビット(インテル®Xeon®プロセッサ)および 64 ビット(インテル®Xeon®プロセッサ、Itanium®プロセッサ、および SPARC®プロセッサ)アーキテクチャ上にデプロイされた Java アプリケーションに、新しいレベルのパフォーマンスを低コストで提供します。また、Intel®アーキテクチャ用に最適化された唯一のエンタープライズクラスの JVM であり、複数のハードウェアとオペレーティング コンフィグレーションにわたって、シームレスな相互運用性を提供します。JRockit JVM を使用すると、Windows® または Linux オペレーティング システムの 32 ビットおよび 64 ビット アーキテクチャ上で動作する Java アプリケーションで、最適なパフォーマンスを得ることができます。JRockit JVM は特に Oracle WebLogic Server の実行に適しています。

特長

  • 予測可能かつきわめて短い待ち時間

    アプリケーション実行を確実に高速化します。

  • コーディング不要

    コーディングすることなく、最小限の構成のみで、あらゆるJVMのスワップアウトが可能です。これにより、即座にパフォーマンスが向上します。

  • 高度な管理ツール

    パフォーマンスに影響を与えることなく、本番環境におけるアプリケーション・パフォーマンスの監視および調整を行えます。

Oracle JRockit製品概要図

  • Oracle JRockitに関する日本オラクル株式会社の製品情報

ページの先頭へ