現在位置:Home > 商品・サービス > サーバー関連製品 > ミドルウェア > Oracle Fusion Middleware > Oracle Communications Service Delivery


Oracle Fusion Middleware

Oracle Communications Service Delivery

Oracle Communications Service Deliveryは、強力な標準ベースの通信ネットワーク・サービス・レイヤー・ミドルウェア製品およびアプリケーション製品のポートフォリオです。サービス・プロバイダーや企業、開発者がWeb、テレコミュニケーション、ソーシャル・ネットワーキング、ITの能力を活用し相互に役立てて、新たな、あるいは集中型のインターネット通信サービスを迅速かつコスト効率よく構築できるよう設計されています。

特長

Oracle Communications Service Delivery製品ファミリーは、BEA WebLogic Communications Platform(BEA WLCP)製品とOracle Service Delivery Platform(Oracle SDP)製品を組み合わせたもので、業界屈指の通信ネットワーク・アプリケーション製品とプラットフォーム製品の強みを兼ね備えています。

Oracle Communications Service Delivery製品は、サービス・プラットフォームとサービス・イネーブラおよびアプリケーションという2つの製品カテゴリーに分かれています。

サービス・プラットフォーム製品はサービスの作成、実行、公開、管理をおこなう製品で構成され、業界トップクラスの集中型Java EE-SIP-IMSアプリケーション・サーバーであるOracle Communications Converged Application Server(旧BEA WebLogic SIP Server)と、業界でもっとも高い採用率を誇るテレコムWebサービスおよびSDPポリシー制御プラットフォーム、Oracle Communications Services Gatekeeper(旧BEA WebLogic Network Gatekeeper)が含まれています。

サービス・イネーブラおよびアプリケーション製品は付加価値サービス対応プレゼンス、グループ・リスト、IPセントレックス、テレフォニーのアプリケーションで構成され、Oracle Communications Presence(Oracle Presence Server、Oracle XDM Server、Oracle Communicator PC Softphone Clientを含む)、Oracle Communications Virtual PBX(旧Oracle Virtual PBX)、Oracle Communications Residential Telephony(旧Oracle Residential VoIP)が含まれています。

ページの先頭へ