現在位置:Home > 商品・サービス > サーバー関連製品 > サーバー > pz Server > RX4770 M3


サーバー関連製品

pz Server RX4770 M3

RX4770 M3の写真

pz Server RX4770 M3の仕様

製品名 pz Server RX4770 M3
ベースユニット形状 ラックベースユニット
CPU ソケット数 4
搭載可能CPU インテル® Xeon® プロセッサー E7-4809v4(2.10GHz、8コア)
インテル® Xeon® プロセッサー E7-4820v4(2GHz、10コア)
インテル® Xeon® プロセッサー E7-4830v4(2GHz、14コア)
インテル® Xeon® プロセッサー E7-4850v4(2.10GHz、16コア)
インテル® Xeon® プロセッサー E7-8893v4(3.20GHz、4コア)
インテル® Xeon® プロセッサー E7-8891v4(2.80GHz、10コア)
インテル® Xeon® プロセッサー E7-8867v4(2.40GHz、18コア)
インテル® Xeon® プロセッサー E7-8860v4(2.20GHz、18コア)
インテル® Xeon® プロセッサー E7-8870v4(2.10GHz、20コア)
インテル® Xeon® プロセッサー E7-8880v4(2.20GHz、22コア)
インテル® Xeon® プロセッサー E7-8890v4(2.20GHz、24コア)
メインメモリ(注1)(注2) 搭載可能メモリ 2400 RDIMM/2133 LRDIMM
スロット数 2CPU構成時 48(2400 RDIMM/2133 LRDIMM)
4CPU構成時 96(2400 RDIMM/2133 LRDIMM)
最大容量 2CPU構成時 1536GB(2400 RDIMM)、3072GB(2133 LRDIMM)
4CPU構成時 3072GB(2400 RDIMM)、6144GB(2133 LRDIMM)
内蔵2.5インチベイ ベイ数 8(ホットプラグ対応)
最大容量 SAS HDD 14.4TB
ニアライン SAS HDD 16TB
SAS SSD 12.8TB
内蔵2.5インチ PCIe SSDベイ ベイ数 4(ホットプラグ対応)
最大容量 PCIe SSD 6.4TB
PCIスロット スロット数 4
最大容量 PCIe SSD 20.8TB
ODDベイ ベイ数 1
最大容量 内蔵ODD(注3) オプション(Slim ODD)
拡張バス スロット(注4) PCI Express 3.0(x16レーン) 2
PCI Express 3.0(x8レーン) 9(1 SASアレイコントローラカード専用スロット)
拡張ボードスロット オプション[Dual port LAN拡張ボード(10Gbps)]
ストレージコントローラー オプション
ネットワークインターフェース(オンボード) 標準[2ポート(10GBASE-T/1000BASE-T 択一)]、オプション適用時(10GBASE×2)
インターフェース ディスプレイ(アナログRGB)×2[前面:1/背面:1]、シリアルポート(D-SUB9ピン)×1[背面]、キーボード(USB)、マウス(USB)、USB×5(USB2.0:前面×3/背面×2)
リモートサービス機能 リモートマネジメントコントローラー 標準搭載
専用コネクター Management LAN 1ポート(1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T択一)
電源 電源ユニット 1200W/1600W[80PLUS® Platinum認定取得](最大4)
入力電圧(周波数)/入力コンセント AC100V(50/60Hz)/平行2Pアース付き(NEMA 5-15準拠)(最大4)
AC200V(50/60Hz)/引掛型[NEMA L6-15準拠/IEC60320準拠](最大4)
消費電力/発熱量 AC200V:最大1,990W/7,164kJ/h、AC100V:最大2,100W/7,560kJ/h
冗長電源ユニット オプション(ホットプラグ対応)
冗長ファン 標準搭載:8(ホットプラグ対応)
エネルギー消費効率(2011年度基準)(注5)
外形寸法[W×D×H(mm)] 445[482.6(突起部含む)]×765×176(4U)
質量 最大46kg[50.5kg(ラックレール含む)]
使用環境 周囲温度:10~35℃(オプション適用時:5~40℃)、湿度:10~85%(ただし結露しないこと)
サポートOS Windows Server® 2012 Standard/Datacenter Edition、Windows Server® 2012 R2 Standard/Datacenter Edition、Red Hat® Enterprise Linux
  • 注1:

    OSにより使用可能なメモリ容量が異なります。

  • 注2:

    CPUを増設する場合、メモリボードも増設する必要があります。

  • 注3:

    内蔵ODDを搭載しない場合は、複数台システムに最低1台、別途スーパーマルチドライブユニットを手配する必要があります。

  • 注4:

    2CPU構成では全てのPCIスロットは使用できません。PCIスロット5~10を使用するには、4CPU構成にする必要があります。

  • 注5:

    エネルギー消費効率とは省エネ法で定める測定方法により測定した消費電力を、省エネ法で定める複合理論性能(単位:ギガ演算)で除したものです。
    ただし、インテル® Xeon® プロセッサー E7-4809v4、E7-4820v4、E7-4830v4、E7-4850v4、E7-8893v4、E7-8891v4、E7-8867v4、E7-8860v4、E7-8870v4、E7-8880v4、E7-8890v4については、省エネ法の規制対象外です。

  • インテル、Xeon は、米国およびその他の国における Intel Corporation の商標です。
  • Microsoft、Windows、Windows Server は、米国 Microsoft Corporation の米国、日本、およびその他の国における登録商標または商標です。
  • Red Hat はRed Hat,Inc. の登録商標です。
  • Linux は Linus Torvalds の米国およびその他の国における登録商標、あるいは商標です。
  • 掲載されているデータは、作成時点のものです。予告なく内容が変更になる場合がありますのでご了承ください。

ページの先頭へ


  • お問い合わせ