現在位置:Home > 商品・サービス > サーバー関連製品 > 環境への取り組み > グリーン購入法/PCグリーンラベルについて


サーバー関連製品

グリーン購入法/PCグリーンラベルについて

グリーン購入法

「グリーン購入」とは製品やサービスを購入する際、環境を考慮し購入の必要性をよく考え、環境への負荷ができるだけ小さいものを優先して購入することです。

「グリーン購入法(国等による環境物品等の調達の推進等に関する法律)」が平成13年4月から施行されました。

この法律は、国等の機関にグリーン購入の取組を義務づけるとともに判断基準・配慮事項を定め、地方公共団体や事業者・国民にも「グリーン購入」に努めることを求めています。

「グリーン購入法」の詳細については環境省ホームページにてご確認ください。

PCグリーンラベル制度

PCグリーンラベルロゴマーク

「PCグリーンラベル制度」とはユーザーが環境配慮型PCを購入する際の選択を容易にするために、社団法人電子情報技術産業協会(JEITA)が環境に対するパソコンの包括的取り組みを審査するもので「環境(含3R)に配慮した設計・製造がなされていること」、「使用済後も引取り・リユース/リサイクル・適正処理がなされている」、「環境に関する適切な情報開示がなされている」、という3つのコンセプトから構成されております。

この制度が策定した環境基準をクリアした製品には上図の「PCグリーンラベルロゴマーク」が表示されます。
OKIは「PCグリーンラベル制度」企業審査に合格いたしました。
「PCグリーンラベル制度」の詳細についてはJEITAホームページにてご確認ください。

PC対象製品リスト

OKIの旧機種PC製品でグリーン購入法(判断基準)に適合しているか否かを掲載しております。

ページの先頭へ


  • お問い合わせ