現在位置:Home > 商品・サービス > RESCAT(Response Categorizer) > 応用例 > 販促効果測定


RESCAT
(Response Categorizer)

応用例販促効果測定

売場前の買物客を計測し、時間帯別傾向や客層を分析

  • POSデータだけでは来店客数や客層を把握できません。店内入り口に設置すれば売場への来店客数や客層が把握でき、的確な店づくりの立案に反映できます。
  • 買物客
  • 売場通過人数と売場立寄り率、商品検討率の関係

販促効果の定量的把握

  • 売場での購買行動分析は購買率向上に必須です。売場におけるショッパーの滞留時間を個々に計測し、立寄率や検討率を定量的に把握することは、より良い販促への客観的改善を促し、購買率をより高めることにつながります。

ページの先頭へ