現在位置:Home > 商品・サービス > RESCAT(Response Categorizer) > 応用例 > 来店者計測


RESCAT
(Response Categorizer)

応用例来店者計測

通行者数を自動計測し、施設利用者や来場者を長期的に観測

  • 施設等の入口や通路など、人が通るところに設置すれば、通行者数を自動計測できます。長期にわたり定点観測することで、施設利用者や来場者の状況を確実に把握することができます。

  • 出入口に映像センサー設置

  • 映像から人物を検出

  • 方向別人数、来場者層を数値化
  • 一人一人の通行方向も検出できるため、方向別通行者数を認識できます。同時に顔認識を行い、性別・年齢も計測可能。来店客層を自動的に把握できます。

集計例

  • 入口のドアなど、人物通過の「基準線」を設定し、その正面(進行方向直上)にカメラを設置します。
  • 標準的なカメラ取付高さは、基準線から約5m、地上から約2.6mの位置です。標準の天井高2.8mの場合、吊り下げ長20cm(カメラ本体高さ含む)で取り付けます。

カメラ設置例

ページの先頭へ