• 商品サービス
  • 投資家の皆様へ
  • OKIについて
  • 採用情報
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

現在位置:Home > OKIについて > 採用情報 > 新卒採用 > 仕事について > 自律型社員の育成


新卒採用

自律型社員の育成

TRAINING

皆様のOKI入社後の教育・研修制度について掲載しています。
OKIにはしっかりとした人材育成システムがありますので
入社後、1日も早く活躍できるように研修を行っていきます。

「自律型社員の育成」、を目指しOKIの人材育成制度は、育成・評価・処遇の3つの要素で成り立っています。

自律型社員育成の考え方とそれを支える人材育成制度

人材育成制度の説明図案

人材育成システム

OKIの人材育成システムは、1年に1回上司とキャリアプランについて確認する「キャリアデザイン制度」を基本とし、職務内容やライフステージに応じて社員一人ひとりの成長を支援しています。

主な人材育成システム
  • キャリアデザイン制度
  • FA(社内公募)制度
  • プロフェッショナルeキャンパス
  • 資格取得報奨金制度

人事評価システム

成果の質や、そこに至るプロセスを重点的に評価し、高い目標に向かう社員を応援。社内の表彰制度にも多くのエントリーが集まります。

主な人事評価システム
  • MBO(目標管理:Management By Objectives and self controlの略)
  • 成果評価(2回/年)
  • 発揮行動評価(1回/年)
  • OKIグループ表彰制度(2回/年)

人事処遇体系

年齢や経験ではなく、職務で処遇を決める「職務グレード制度」をはじめ、一人ひとりが固有の能力を発揮できる環境を整備しています。

人の成長が欠かせない。だから、一人ひとりのキャリア形成を全面的にサポート。

社員が自律型社員として成長していくために、キャリアデザイン制度を基本とし、職務内容やライフステージに応じて社員個人の自律した成長を支援します。また、誰にでも公平にチャンスが与えられるよう、職務内容・役割、本人の適性に応じてグレードを決定する職務グレード制度で、成果に見合った処遇を実現しようとしています。

「自律型社員」の育成を目指すキャリア形成イメージ

ページの先頭へ

主な制度

職務グレード制度

年齢や経験ではなく職務で処遇を決定します。
年齢や経験ではなく、職務で処遇を決める制度です。本人の担う職務(仕事・役割)の価値と、その職務に求められる能力や適性を勘案して、グレードを決定します。幹部社員から一般社員まで、8段階のグレードがあります。

キャリアデザイン制度

社員一人ひとりの自律した成長を支援します。
1年に1回上司とキャリアプランについて話し合い、必要に応じて専門家のアドバイスが受けられます。また、30歳・40歳・50歳という節目の時期に、今までを振り返り今後を考える「キャリアデザイン研修」を実施するなど、社員の成長を支援しています。

FA(社内公募)制度

適材適所の人員配置を図り、自由闊達な社内風土を作ります。
OKIグループでは、適材適所の人員配置を図るための社内公募制度「FA制度」を1999年度から導入しています。これは、業務遂行に必要な人材を各部署から幅広くグループ内に公募し、応募者の中から最適な人材を選ぶ制度であり、通常の異動と違い、上司の承認を必要としないのが特徴です。

OKIグループ表彰制度

目標達成に向けた、プロセスと成果を評価します。
OKIグループは、行動指針の一つに掲げている「自由に議論し、創造し、チャレンジしよう」に基づき、2000年度から表彰制度を導入。社員が個人またはチーム単位で設定した「高い目標(目標設定)」と「その達成に向けた努力(プロセス)」、その結果得た「一定の成果(評価)」を審査し、受賞者を決定します。

プロフェッショナルeキャンパス

自発的な学習意欲を尊重する社内システムを整備しています。
スキルやコンピテンシー向上のため、研修を効率的に受講するためのイントラネット上のポータルサイトです。会社が強要するのではなく、あくまで自分の意志で選択し、学習するために開発されたツールであり、研修メニュー一覧からワンタッチでカリキュラムの申し込みをすることが可能です。このシステムの教育体系は、「インスティテュート」(必修研修・指名研修)と「ジム」(選択研修・自主的学習)の2つがあります。

ページの先頭へ

研修体系

OKIグループでは、さまざまな知識やスキルを獲得する研修カリキュラムを職務ごとに整備しています。
必修・指名型研修で70コース、選択型研修で550コース以上を実施しており、毎年15,000人以上が受講しています。

研修体系の図案

研修を通じて成長した点、今後チャレンジしていきたいことなど、実際に研修を受けた先輩社員に話を聞きました。
  • 一番成長したと思うことは、顧客価値について意識する視点を得たことである。お客様が本当に必要なものは何か?自社の利益は?と考えることができた。プレゼンテーションも臆することなくできるようになってきた。
  • 専門的な知識を学ぶことで、コンピュータシステムについてうまくイメージできるようになった。OKIで作られている商品についても、仕組みなどを、身に付けた知識によって分析して、理解できるようになった。リーダを任されたことによって強い責任感を意識するようになった。グループワークでも積極的に発言するように意識した。

ページの先頭へ



All rights reserved, Copyright © 1995-2017 Oki Electric Industry Co., Ltd.