• 商品サービス
  • 投資家の皆様へ
  • OKIについて
  • 採用情報
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

現在位置:Home > OKIについて > 企業情報 > What’s New


各アイコンの説明はこちら

各アイコンの説明

PDFコンテンツを含む記事
動画コンテンツを含む記事
PC表示のみに対応した記事
別ウィンドウ/タブで表示される記事
プレスリリース
プレスリリース 2017年5月24日

未知のサイバー攻撃からトータルでお客様を守るサイバーセキュリティサービスを販売開始。「EXaaSマネージドセキュリティサービス」によりお客様の運用負担軽減に貢献

OKIは、ますます高度化・巧妙化している未知のサイバー攻撃からお客様を守るサイバーセキュリティサービス「EXaaSマネージドセキュリティサービス」を本日より販売開始します。

プレスリリース
プレスリリース 2017年5月23日

新興国向け戦略ATM「ATM-Recycler G8」を発売。高速大容量化とIoTを活かしたATM運用効率化を実現

OKIは、海外市場向けの新型紙幣還流型ATM「ATM-Recycler G8」の販売を本日より開始します。同機はOKIがこれまで国内外で培ってきたノウハウを活用し、現金需要拡大に向けた高速大容量化と将来への拡張性強化に対応した戦略商品です。

プレスリリース
プレスリリース 2017年5月19日

役員の異動について

OKIは、5月19日に開催された取締役会において、下記の役員人事を内定しましたので、お知らせいたします。

松村経済産業副大臣 OKIショールームで未来型テレワークシステムをご体験
その他 2017年5月15日

松村経済産業副大臣 OKIショールームで未来型テレワークシステムをご体験

2017年5月10日、松村祥史経済産業副大臣にOKI虎ノ門ショールームでテレワークシステムをご体験いただきました。OKIからは川崎会長、鎌上社長、竹内副社長、OKIワークウェル津田社長らが出席し、OKIグループにおけるテレワークの取組みについてご紹介しました。また、OKIワークウェル社員が日々の業務で使用している「ワークウェルコミュニケータ」、セキュアな社内ネットワークへの接続環境を実現するリモートアクセスシステム「Safario」、また、高画質フルHD対応で高い臨場感を実現するビデオ会議システム「Visual Nexus」、研究開発センターの「超臨場感テレワークシステム」のデモンストレーションをご覧いただきました。

月刊「事業構想」5月号に、今年2月に開催された第1回DMO全国フォーラムにおいて、「観光都市における周遊性向上に向けた取組み事例の紹介」と題して行った講演の内容が掲載されました。
その他 2017年5月15日

月刊「事業構想」5月号に、今年2月に開催された第1回DMO全国フォーラムにおいて、「観光都市における周遊性向上に向けた取組み事例の紹介」と題して行った講演の内容が掲載されました。

創業135年の歴史を持つ情報機器メーカーのOKI。インバウンド対策を講じたい地方観光都市で、情報通信技術(ICT)を用いたトータルソリューションを提案している。

プレスリリース
プレスリリース 2017年5月12日

平成29年3月期決算の発表について

本日、OKIの平成29年3月期(平成28年4月1日から平成29年3月31日まで)の決算および平成30年3月期通期連結業績予想を発表いたしましたので、お知らせいたします。

プレスリリース
プレスリリース 2017年5月12日

営業損失(貸倒引当金繰入額)および営業外費用(為替差損)の計上ならびに平成29年3月期通期連結業績予想値と決算値との差異について

平成29年3月期(平成28年4月1日~平成29年3月31日)における営業損失および営業外費用の計上について、下記の通りお知らせいたします。

プレスリリース
プレスリリース 2017年5月9日

国内初、新無線方式対応「市町村デジタル防災行政無線システム」を石川県加賀市に納入

OKIは、このたび防災行政無線の新たな無線方式であるQPSK方式(ARIB規格STD-T115準拠)に国内で初めて対応した「市町村デジタル防災行政無線システム」のセンター設備を、2017年2月、石川県加賀市に納入しました。今年度以降、順次子局設備などを整備し、2019年4月には、市内全域での運用が行われる予定です。

プレスリリース
プレスリリース 2017年5月8日

みずほ銀行 LINE公式アカウント上で「宝くじ当せん番号照会」「ATM・店舗検索」の新たなサービス提供に貢献。「スマートデバイスビジネスコネクター」の機能拡張で実現

OKIはこのたび、株式会社みずほ銀行(頭取:藤原 弘治、本店:東京都千代田区、以下 みずほ銀行)がコミュニケーションアプリLINE(以下 LINE)上で展開しているみずほ銀行LINE公式アカウントに「宝くじ当せん番号照会」、「ATM・店舗検索」を追加するにあたり、システム開発面でのサポートを実施しました。

プレスリリース
プレスリリース 2017年4月25日

将来光アクセス基礎技術「エラスティック光アグリゲーションネットワーク」の実証実験に成功。2030年以降のサービス多様化を見据えた、通信速度・光周波数帯域が伸縮自在なネットワーク

日本電信電話株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:鵜浦博夫、以下 NTT)、株式会社日立製作所(本社:東京都千代田区、執行役社長兼CEO:東原 敏昭、以下 日立)、沖電気工業株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:鎌上 信也、以下 OKI)、慶應義塾大学(東京都港区、塾長:清家 篤、以下 慶應)、株式会社KDDI総合研究所(本社:埼玉県ふじみ野市、代表取締役所長:中島 康之、以下 KDDI総合研究所)、古河電気工業株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小林 敬一、以下 古河電工)の6機関は、2030年以降を見据えた先進的な研究として、「エラスティック光アグリゲーションネットワーク(EλAN:エラン)技術」の研究課題に取り組みました。

プレスリリース
プレスリリース 2017年4月19日

IoTを活用し観光都市活性化を促進する「スマート@ツーリズムシティ」ソリューションを提供開始。観光客の滞留時間拡大や周遊性の向上により集客力をアップ

OKIは、観光客が特定の施設、店舗に集中している周遊性の課題を解決するために「スマート@ツーリズムシティ」ソリューションを提供開始します。

プレスリリース
プレスリリース 2017年4月18日

「カーエレクトロニクス テストラボ」開設。車載電子機器・装置のEMC試験と信頼性試験サービス体制を強化、将来のコネクテッドカーの増加に対応 [OKIエンジニアリング]

OKIグループの信頼性評価と環境保全の技術サービスを展開するOKIエンジニアリング(社長 柴田 康典、本社:東京都練馬区、以下OEG)は、埼玉県本庄市に「カーエレクトロニクス テストラボ」を開設し、4月13日より稼働開始しました。需要が急伸している車載電子機器・装置のEMC試験と信頼性試験の受託サービス体制を強化し、対応能力を大幅に増強します。

EXaaS音声クラウドサービス導入事例:丸紅株式会社様「新本社事務所に「EXaaS音声クラウドサービス」とFMCを採用。クラウド+IP+内線モバイルでコスト削減・業務効率化を実現」を掲載
導入事例 2017年4月17日

EXaaS音声クラウドサービス導入事例:丸紅株式会社様「新本社事務所に「EXaaS音声クラウドサービス」とFMCを採用。クラウド+IP+内線モバイルでコスト削減・業務効率化を実現」を掲載

日本有数の大手総合商社である丸紅株式会社様(以下、丸紅様)は、本社ビル建て替えに伴う事務所移転を機に、電話システムの“自己所有”を見直し、OKIの提供する「EXaaS音声クラウドサービス」を採用。さらに携帯キャリアのFMCサービスを組み合わせ、システム運用の柔軟性向上、トータルコスト削減などの効果を引き出しています。

プレスリリース
プレスリリース 2017年4月12日

電子情報通信学会の論文データベースを活用したAPI利活用コンテストで優秀賞受賞。「学会論文のキーワード時系列分析」でIoT技術促進への貢献を目指す

2017年3月24日、名城大学(愛知県名古屋市)で開催された一般社団法人電子情報通信学会(以下、IEICE)総合大会において、論文データベースを活用したAPI(アプリケーションインターフェース)利活用コンテストが行われました。

プレスリリース
プレスリリース 2017年4月3日

平成29年度入社式 鎌上信也社長 挨拶(抜粋)

新入社員の皆さん、入社おめでとうございます。OKIは、一言で言うと、「社会を支える会社」です。官公庁や銀行、交通機関、通信キャリアといったお客様を通じて社会インフラを提供し、社会を支えています。こうしたお客様に安心してOKIを使っていただくためには「安定して確実に利益が出る会社」であることが必要です。

プレスリリース
プレスリリース 2017年4月3日

コネクテッドカー向け多方向電磁波環境試験サービスを開始。リバブレーションチャンバーによる車載電子機器の誤動作や耐力を評価 [OKIエンジニアリング]

OKIグループの信頼性評価と環境保全の技術サービスを展開するOKIエンジニアリング(社長:柴田康典、本社:東京都練馬区、以下OEG)は、このたび、多方向からの電磁波環境試験が可能なリバブレーションチャンバー(注1)を新設し、4月3日より運用を開始します。

プレスリリース
プレスリリース 2017年3月30日

OKIの「数字印刷電信機」が情報処理技術遺産に認定 [OKIデータ]

OKIグループのプリンター事業会社OKIデータ(社長:波多野徹、本社:東京都港区)は、このたび一般社団法人情報処理学会(以下、情報処理学会)より「数字印刷電信機」にて、「2016年度情報処理技術遺産」の認定を受けました。この「数字印刷電信機」は、航空情報用に開発され、受信情報の紙テープへの印刷や電気接点の制御ができるなど、開発当時の電気・機械技術を理解する上で貴重な技術遺産としてその価値が認められたものです。

プレスリリース
プレスリリース 2017年3月21日

車載機器EMC試験受託サービス事業を拡大。車載機器専用電波暗室を倍増 [OKIエンジニアリング]

OKIグループの信頼性評価と環境保全の技術サービスを展開するOKIエンジニアリング(社長 柴田 康典、本社:東京都練馬区、以下OEG)は、埼玉県本庄市の本庄テクノセンター内に「第三・第四車載電波暗室」を新設し、4月1日より稼働開始します。需要が急伸している車載電子機器・装置の電磁波影響を調べるEMC試験(注1)サービスに対し、試験施設を倍増し能力を大幅に強化します。

プレスリリース
プレスリリース 2017年3月16日

4月1日付け組織改正のご案内

OKIは、4月1日付けで以下の通り、組織改正を行いますので、ご案内申し上げます。

プレスリリース
プレスリリース 2017年3月13日

役員の異動について [OKIウィンテック]

OKIグループの電気工事、電気通信工事を主とする会社であるOKIウィンテック(社長:紀陸 保史、本社:東京都品川区)は、2017年3月10日開催の取締役会において、下記のとおり役員の異動について内定いたしましたので、お知らせいたします。

プレスリリース
プレスリリース 2017年3月13日

役員の異動について [OKIカスタマアドテック]

OKIグループのサポートサービス会社であるOKIカスタマアドテック(社長:矢野 星、本社:東京都江東区)は、平成29年3月10日開催の取締役会において、下記のとおり役員の異動について内定いたしましたので、お知らせいたします。

プレスリリース
プレスリリース 2017年3月13日

4月1日付け組織改正のご案内 [OKIカスタマアドテック]

OKIグループのサポートサービス会社であるOKIカスタマアドテック(社長:矢野 星、本社:東京都江東区)は、4月1日付けで以下の通り、組織改正を行いますので、ご案内申し上げます。

プレスリリース
プレスリリース 2017年3月6日

丸紅とOKI、国土交通省公募の「ETC2.0車両運行管理支援サービス」の社会実験を開始

丸紅株式会社(以下、「丸紅」)と沖電気工業株式会社(以下、「OKI」)は、国土交通省国土技術政策総合研究所が公募する「ETC2.0車両運行管理支援サービス」に関する第Ⅱ期社会実験(以下、「本実験」)に関して共同で取り組みを進め、2017年3月よりETC2.0を活用した物流事業者向け車両運行管理支援サービス実験を開始しました。

プレスリリース
プレスリリース 2017年3月6日

OKIデータ、役員の異動について

OKIグループのプリンター事業会社OKIデータ(社長:波多野徹、本社:東京都港区)は、2017年2月28日開催の臨時株主総会および取締役会において、以下の通り役員人事を決定しましたのでご案内申し上げます。

プレスリリース
プレスリリース 2017年3月6日

OKIデータ、組織改正について

OKIグループのプリンター事業会社OKIデータ(社長:波多野徹、本社:東京都港区)は、以下の通り組織改正を行いますのでご案内申し上げます。

プレスリリース
プレスリリース 2017年3月2日

分離型の硬貨紙幣つり銭機「CR-22」発売。設置面積半減、セミセルフレジなどに対応した戦略商品を品揃え

OKIは、本日より食品スーパーや小売店舗向けの新商品として、人手不足への対応策として導入が進むセミセルフレジやフルセルフレジの精算機への搭載も可能な分離型の硬貨紙幣つり銭機「CR-22」の販売を開始します。

プレスリリース
プレスリリース 2017年3月1日

日本赤十字社 熊本県赤十字血液センターへ献血運搬車を寄贈。「OKI愛の100円募金」を活用し、21年間で27台の車両を寄贈

OKIおよび「OKI愛の100円募金」は、2017年2月28日、日本赤十字社 熊本県赤十字血液センター(熊本県熊本市)へ、保冷庫付献血運搬車1台を寄贈しました。当社では、1996年度から毎年、全国各地の赤十字血液センターへ保冷庫付献血運搬車や広報車の寄贈を行っており、今回で21年目、27台目の車両寄贈となります。

コンタクトセンターシステム導入事例:株式会社てまひま堂様「インバウンド業務環境を「CTstage 6Mi®」で刷新。新規の電話注文に対するより高品質で効率的な応対を実現」を掲載
導入事例 2017年2月27日

コンタクトセンターシステム導入事例:株式会社てまひま堂様「インバウンド業務環境を「CTstage 6Mi®」で刷新。新規の電話注文に対するより高品質で効率的な応対を実現」を掲載

にんにく卵黄の発祥地といわれる鹿児島県で、品質にこだわり抜いた商品「229-55(ニンニクゴーゴー)」の製造・通信販売を手がける株式会社てまひま堂様(以下、てまひま堂様)。同社は、マス広告から電話注文の増加を受けて、インバウンド業務の高品質化・効率化を図るべくコンタクトセンターのシステム刷新に着手しました。



All rights reserved, Copyright © 1995-2017 Oki Electric Industry Co., Ltd.