サービス&ソリューション

MICROLINE VINCI 封筒印刷ソリューション


フルカラーのオリジナル封筒をカラープリンターで手軽に作成できます。
定型からカスタムサイズの封筒への印刷や、ホワイトやクリアーのデザイン性あふれる印刷はもちろん、宛名書きなどの面倒な作業も全ておまかせ。
オンデマンド印刷ショップのサービス拡大に、企業・学校のDM作成に、MICROLINE VINCIの封筒印刷ソリューションが大活躍します。

MICROLINE VINCIと封筒専用定着器ユニットでもっと広がる、封筒印刷の可能性

定型封筒からオリジナル封筒まで。さまざまなカスタム封筒に対応

長形3号、洋形長3号、角形2号など、よく使われるサイズのほか19種類の用紙サイズをドライバーで準備。
カスタムサイズの封筒にも対応しています。

黒や濃色の封筒もお手のもの!C941dnのホワイトプリント

MICROLINE VINCI C941dnなら、特色ホワイトを使った濃色封筒への印刷や、特色クリアーを使ったデザイン性あふれる封筒印刷も行なえます。

封筒のフラップへの印刷にも、裏面の印刷にもしっかり対応。

封筒のフラップへの印刷や裏面の印刷も可能。封筒デザインに求められるさまざまな出力に対応します(フラップ印刷はカスタムサイズで出力)。

厚手の封筒から薄手の封筒まで。柔軟で確かな用紙対応力。

一般に市販されている厚手の封筒から薄手の封筒までしっかりサポート。「封筒専用定着器ユニット」を使えば、封筒印刷の可能性がさらに広がります。

高品質な封筒印刷を実現するMICROLINE VINCI独自のすぐれた機構

封筒の詰まりを防ぐ「シングルパス」

各色を一度の工程でプリントする「シングルパス」を採用。用紙を水平に近い状態で搬送し、用紙ジャムを起こりにくくします。

封筒のカールを低減するデカール構造

プリント時にカールを矯正するデカール構造を採用。厚紙や封筒印刷のカールを低減します。

トレイのガタつきを軽減する「ガイドロック機構」

マルチパーパストレイの用紙ガイドにロック機構を追加。大量に出力している間に用紙ガイドがズレるのを防ぎます。

デザイン性の高い封筒印刷を強力にサポートする「封筒専用定着器ユニット」

クオリティーの高い封筒印刷には、「封筒専用定着器ユニット」をご使用いただくことをお勧めします。
封筒へ印刷する場合に発生しやすいシワなどを減らして、印刷品質を保つことが出来ます。
ご使用の際は、通常の定着器ユニットと交換して使用します。
[商品名]封筒専用定着器ユニット
[型名]FUS-C3R-ENV [JANコード]4949443102994
[本体価格]35,000円(税込価格 37,800円)
[印刷可能枚数]約150,000枚(長3封筒・片面印刷した場合)
[対応機種]MICROLINE VINCI C941dn/C931dn/C911dn

ご使用に当たっての注意点

※封筒専用定着器ユニットは、封筒以外の用紙には使用できません。

※封筒専用定着器ユニットは別売りです。別途ご購入いただく必要があります。

※封筒定着器を使用すると、装置の動作音が大きくなる場合があります。

※トナーの定着が低下することがあります。

※封筒専用定着器ユニットは、条件にあった封筒を使用してください。(クラフト紙、電子写真プリンター用紙、または乾式PPC用紙で作られた封筒)

※印刷後は反りやシワが発生することがあります。

※用紙全体に薄くトナーが付着したり、印刷が薄くなることがあります。

※封筒の貼り合わせ部分(厚さに段差のある部分)のまわり約5mmは印刷品質が低下することがあります。

※高温多湿となる条件下においては、封筒用紙の吸湿によりシワや印字のカスレなどが発生する場合があります。

※封筒に反りがあると、吸入不良の原因となります。

※必ず試し印刷をして支障がないことを確認してください。

※一覧表にある封筒でも、封筒の保存状態や印刷環境によってシワが発生する場合があります。

※封筒専用定着器ユニットはお客様の正常な使用状態(ユーザーズマニュアル(取り扱い説明書)、本体貼付ラベルなどの注意書きに従った使用状態)で故障が発生した場合にはプリンター本体の保証期間内に限り保証規定に基き、無償で修理いたします。(C911dnを除く)

※封筒専用定着器ユニットをご利用の方も、5年間無償保証プラスをご利用いただけます。

※封筒専用定着器ユニットはメンテナンス品5年間無償提供の対象ではありません。別途ご購入いただく必要があります。

※封筒専用定着器ユニットへの交換はお客様自身で行っていただきます。

※封筒専用定着器ユニットは高温になっていますので、作業は慎重に行い、持ち上げるときは、必ずハンドルを持ってください。熱いときは無理をせず、冷めるまで待ってから作業を行ってください。

※装置本体のファームウェアを必ず下記のファームウェアバージョン以降でご使用ください。下記のファームウェアバージョンより前のバージョンで使用すると、用紙ジャムや印刷品質に不具合が発生する場合があります。
ファームウェアバージョン:A01.44_0_4

※装置本体のファームウェアを更新した場合は、パネル表示用メッセージも必ず更新してください。詳細の更新方法は、『「封筒専用定着器ユニット」のご使用方法』PDFをご覧ください。

facebook youtube