COREFIDOシリーズ

COREFIDOで病院経営のコストを削減


COREFIDOでプリンターの修理コストを削減
病院に必要なプリンター、壊れやすくてお困りではないですか?COREFIDOならそんな病院経営のお悩みを解決!

COREFIDOが医療現場で選ばれる理由

1修理コストを大幅削減、2高いメンテナンス性、3コンパクトで設置場所を選ばない、4ORCAシステムにも対応

1.修理コストを大幅削減

COREFIDOシリーズは業界初の5年間無償保証。
5年間無償保証で修理コストを大幅削減
プリンターは、購入後の修理にもコストがかかるもの。
ご購入日から起算して5年以内に発生した故障について、当社保証規定に基づいて無償で修理するCOREFIDOの「5年間無償保証」なら、「プリンターに関わるコストをもっと削減したい」という、みなさまのお悩みを解決します。

5年間無償保証について詳しくはこちら >

COREFIDO3S、COREFIDO3、COREFIDO2はメンテナンス品も5年間無償提供。
メンテナンス品も5年間無償提供
COREFIDO3SとCOREFIDO3、COREFIDO2はメンテンナンス品5年間無償提供にも対応。ご購入日から起算して5年以内にメンテナンス品(定着器ユニット、転写ローラー、ベルトユニット、給紙ローラーセット)が規定の交換寿命を迎えた場合、交換品を無償で提供するサービスなので、さらなるコスト削減が実現できます。

メンテナンス品5年間無償提供について詳しくはこちら >

2.高いメンテナンス性

高いメンテナンス性で紙詰まりや故障、メンテナンスの手間を低減
できるだけ負荷をかけないように、独自の送紙方法「フラットペーパーパス」を開発。紙を水平に送り込んで水平のままプリントアウトするという設計思想を徹底し、紙詰まりしにくいシンプルな構造を実現しました。

ドラムは並行に配置されており、取り外しも簡単。トナー交換が楽に行えるうえ、万が一、紙が詰まった場合もこれらのドラムを 持ち上げるだけで素早く用紙を取り除けます。

3.コンパクトで設置場所を選ばない

B432dnwの設置例
LEDプリンターだからこそ実現できるコンパクトサイズと使いやすさを追従したシンプルデザインが、作業効率を高めます。
さらに、コンパクトサイズでありながら、自動両面印刷に標準対応。両面印刷できることで用紙の使用量を片面印刷時の半分に抑え、ランニングコスト軽減にも役立ちます。

4.ORCAシステム対応

ORCAシステムとは、進化型オンライン診療レセプトシステム(Online Receipt Computer Advantage)の略称で、日本医師会が提供するLinux上で動作する日医標準レセプトソフトのことです。
このページでは、ORCAシステム上での印刷環境に関して基本的な情報を公開しています。
なお、このページで提供している情報は、Linuxシステム管理に関してある程度の経験をもち、ご自身で情報の妥当性を判断できる方を対象にしております。

詳しくはこちら >

医療現場の導入事例をご紹介します

ご相談はこちら

facebook youtube