COREFIDOシリーズ

メンテナンス品5年間無償提供


TCOだけでなく、現場の効率まで考えた「メンテナンス品5年間無償提供」

メンテナンス品5年間無償提供とは

ご購入日から起算して5年以内にメンテナンス品(定着器ユニット、転写ローラ、ベルトユニット、給紙ローラーセット)が規定の交換寿命を迎えた場合、交換品を無償で提供するサービスです。
交換品は、お使いのメンテナンス品(定着器ユニット、転写ローラー、ベルトユニット、給紙ローラーセット)の寿命を確認した上で送付させていただき、交換作業 はお客様で行っていただきます。当社に交換作業を依頼される場合は、工賃(出張費を含む)をお客様にご負担いただきます。メンテナンス品無償提供を受ける ためには、お客様登録が必要です。使用済みのメンテナンス品は、回収させていただきます。

お客様登録はこちらから >

メンテナンス品5年間無償提供。OKIデータからお客様へ交換用メンテナンス品をご提供。お客様から使用済みメンテナンス品を回収。

メリット1:さらなるTCO削減が可能に。

コアフィード2の場合、5年間無償保証によって保守料金を削減できる上に、メンテナンス品も5年間無償提供。これにより、メンテナンス品に要する部品代 金、技術代金、出張代金などのコストも解消することができます。その結果、当社従来製品と比較しても5年間で20万円近くもトータルコストを削減すること が可能です。
A3カラー/プリンターでの比較 ユニット代も含め5年間で191,310円以上お得!

※旧機種COREFIDO C810dnは、定着器ユニット(交換寿命10万枚)の交換1回=31,500円/ベルトユニット(交換寿命8万枚)の交換1回=42,000円で試算

※旧機種C8600dnは、定着器ユニット(交換寿命10万枚)の交換1回=31,500円/ベルトユニット(交換寿命8万枚)の交換1回=42,000円/給紙ローラーーセット(マルチパーパストレイ、トレイ1、増設トレイ各交換寿命12万枚)の交換各1回=4,725円で試算した場合

※価格は消費税5%(発売当時)で試算

メリット2:手間をかけず、業務をストップさせません。

シンプルな構造のコアフィードは、メンテナンス品の交換も簡単。お客様ご自身で交換していただけるので、メンテナンス品交換のために保守員に連絡する手間がありません。また、また保守員の到着まで業務がストップすることもないので、業務の効率を向上させることができます。
facebook youtube