COREFIDOシリーズ

COREFIDO3S


COREFIDO3がさらに進化、「COREFIDO3S」新登場!

運用・保守、時間を削減する独自のサービスを提供するCOREFIDOシリーズに、さらなるTCO削減を実現する新サービス「消耗品バリューサービス」が加わった「COREFIDO3S」が登場。

TCO削減にさらに貢献

OKIのCOREFIDOシリーズは複合機に関わる様々なコストを削減し、長く安心して使えるという特長があります。「COREFIDO3S」では、さらに消耗品コストに着目し「消耗品バリューサービス」をスタート(※)。

もちろんCOREFIDO3シリーズだから、5年間無償保証とメンテナンス品5年間無償提供がついています。ほとんどのトラブルをお客様で解決できる高いメンテナンス性でダウンタイムの削減も実現。

お客様に長く使っていただくことを考えるOKIだからできた、トータルコスト削減に貢献する新しいサービスです。

※タイプによって提供本数の上限が異なります。

COREFIDO3SによるTCO削減(イメージ図)

消耗品バリューサービスとは

消耗品バリューサービスは、サービス開始日から起算して5年以内で、当社規定の上限本数内の必要な色の消耗品(トナーカートリッジ・イメージドラム)をタイムリーにお届けするサービスです。

大きく膨らむ5年間分のコストを見据えた、OKIの新サービス

比べてみてください-消耗品バリューサービスのTCO削減額
消耗品買取り方式とMC883dnwvバリューXLタイプのトータルコスト比較

消耗品バリューサービスのメリット

使い方にあわせて選べる4タイプをご用意

消耗品の上限本数ごとに4つのタイプをご用意。
出力枚数に合わせたムダのないタイプを選択することで、複合機の運用コストを軽減できます。

色の偏りを気にせずにご利用可能

ご提供する消耗品の上限本数は、4色分(ブラック、イエロー、マゼンタ、シアン)の合計です。
よく使う色やあまり使わない色などのばらつきも、気にしないでご利用になれます。

かんたん申し込みで消耗品をお届け

消耗品の交換時期が近づくと、複合機から自動で申し込み書が出力されるので、お早めに事務局にお申し込みいただくだけで、消耗品をお届けします。
トータルコストを抑えたいというお客様の課題に応えました。73%の方が導入したいと感じています。2016年5月 OKIデータ調べ(A3MFP利用者かつ、利用機器コスト回答者201名)
トータルコストを圧縮できる。トータルコストは導入時に想定している金額より高くなることが多いため(家電・AV機器)かなりの枚数を印刷するので、トータルコストが下がるのはよいと思います(教育)

COREFIDO3S対応機種(2016年7月現在)

COREFIDO3S

A3カラーLED複合機

・MC883dnwvバリューS/M/L/XLタイプ
ご利用枚数に応じて選べる4タイプをご用意。効率的なコスト管理が可能です。

消耗品バリューサービス タイプ一覧表

消耗品の本数は、4色分(ブラック、イエロー、マゼンダ、シアン)の合計です。規定本数内であれば、いずれの色でもご選択いただくことが可能です。
印刷枚数に合わせて選べる4つのタイプ
消耗品バリューサービスはMC883dnwvバリューS/M/L/XLタイプ機器本体に付帯しているサービスです。サービスのみをご購入いただくことはできません。

※ 出力枚数=プリント、コピーなどの総出力物枚数

※購入前に必ず注意事項・規定をご覧ください。

facebook youtube