本文へ移動

  • 商品サービス
  • 投資家の皆様へ
  • OKIについて
  • 採用情報
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

現在位置:Home > プレスリリース2018 > トムソン・ロイター「Top 100グローバル・テクノロジー・リーダー2018」に選出


プレスリリース

2018年1月26日

トムソン・ロイター「Top 100グローバル・テクノロジー・リーダー2018」に選出

イノベーション、環境経営、魅力ある職場づくりにおいて高評価を獲得

トムソン・ロイター「Top 100グローバル・テクノロジー・リーダー2018」ロゴ

OKIは、世界的な情報サービス会社であるトムソン・ロイター(Thomson Reuters、本社:米国ニューヨーク)による世界のテクノロジー企業を対象とした「Top 100グローバル・テクノロジー・リーダー2018」に選出されました。OKIは、イノベーション、環境経営、魅力ある職場づくりの取り組みにおいて高く評価され、今回の選出につながりました。

同社がこのたび新設した「Top 100グローバル・テクノロジー・リーダー2018」は、世界の5,000社以上のテクノロジー企業を対象に、財務、経営および投資家からの信頼、リスクとレジリエンス(危機・問題発生時等の強靭性)、法令順守、イノベーション、人的・社会的責任、環境への影響、社会からの評価という8分野における計28項目のデータをもとに、同社独自の分析手法により総合的・客観的に導き出されたものです。OKIは、この中でもイノベーション、環境への影響、人的・社会的責任という3つの分野において高評価を得ました。これは、OKIのIoT分野における特許出願の推進、環境廃棄物の排出量規制への継続的な取り組み、魅力ある職場づくりやダイバーシティの推進が評価されたものと受け止めています。

OKIは、情報社会の発展に寄与する商品を提供し、世界の人々の快適で豊かな生活の実現に貢献するという企業理念のもと、これまでも紙幣還流型ATMやVoIP、コールセンターなど高いシェアを誇る商品サービスを提供してきました。近年では、920MHz帯マルチホップ無線や光ファイバーセンサーなどの特色あるIoT技術にて、交通、建設/インフラ・防災、医療、金融・流通、製造の各分野で社会のインフラを支える取り組みに注力しています。今後とも、“モノづくり・コトづくり”を通して、より安全で便利な社会のインフラを支える企業グループへの歩みを加速するため、イノベーション推進体制を強化していきます。今回の評価を励みに、OKIは企業価値向上と持続可能な社会の創造に貢献していきます。

  • 沖電気工業株式会社は通称をOKIとします。
  • 記載されている会社名、商品名は一般に各社の商標または登録商標です。
本件に関する報道機関からのお問い合わせ先
広報部
電話:03-3501-3835
  • 各リリースの記載内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ



All rights reserved, Copyright © 1995-2018 Oki Electric Industry Co., Ltd.