本文へ移動

  • 商品サービス
  • 投資家の皆様へ
  • OKIについて
  • 採用情報
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

現在位置:Home > プレスリリース2017 > インフラ協調型ITSサービスへ向け、車両プローブ情報を活用したITSサービス「LocoMobi2.0」の販売を開始


プレスリリース

2017年11月8日

インフラ協調型ITSサービスへ向け、車両プローブ情報を活用したITSサービス「LocoMobi2.0」の販売を開始

建設、物流事業者向けに車両管理による業務効率化サービスを提供

OKIは、車両の位置情報や渋滞などの道路情報を収集・分析し、車両利用事業者の業務効率化をサポートする、SaaS型のITSサービス「LocoMobi™2.0(ロコモビ2.0)」を本日より販売開始します。本システムは、OKIが道路交通システム市場で長年取り組んできた車両プローブ情報(注1)の活用技術を活かし、インフラ協調型ITSサービス(注2)へ向けて商品化したものです。AIおよびアナリティクス技術を融合させることにより、幅広い分野における業務改革を実現します。インフラ協調型ITSサービスに向けた、第一弾として、建設業者向けの資材運搬車両の管理による現場工程最適化サービスを提供開始します。

近年、道路交通システム市場においてもIoT市場の成長を背景に、車両プローブ情報を収集分析しビジネス分野へ活用を図るニーズが高まっています。たとえば建設業界では、資材を搭載した車両の到着時間の把握が建設現場での建設工程の短縮につながり、また物流業界では、道路状況の把握および適切な配送ルートの設定による、コスト効率の高い運用が期待されています。しかしながら、車両の到着時間や道路状況などを正確に把握するには大量なデータの収集、処理、分析が、収集した情報を基に予測を行うには高度な情報処理技術が必要となり、導入コストや技術的な課題がありました。

このたび販売を開始する「LocoMobi2.0」は、OKIのマネージドクラウドサービス「EXaaS™」上にてサービス提供するSaaS型の商品です。収集した車両情報や道路情報の分析を行い、インターネットなどのネットワークを介したサービスとして提供します。また、「LocoMobi2.0」には、マシンラーニング(注3)による渋滞予測エンジンをはじめ、OKIがこれまで道路管理者向けの道路管理システムで培ってきた技術を基にした機能を搭載しています。

今回第一弾として提供開始するサービスは、建設事業者向けの資材運搬車両の管理による現場工程最適化サービスです。本サービスは、建設現場に資材を運搬する車両位置や道路状況をリアルタイムで収集分析し、車両の遅れや到着時間を基に、現場作業工程スケジュールへの影響を見える化し提供します。従来の建設現場では、資材運搬車両の遅れをある程度見込んで計画を立てており、そのため運搬車両の駐車スペース、資材運搬のクレーンの稼動においては空き時間が発生することがありましたが、建設業者向けサービスでは、資材車両の到着時間を正確に把握することにより、現場工程の組み替えを比較的柔軟に行うことが可能となるため、現場工程を短縮することが可能となります。第一弾の本サービスは、大成建設株式会社(本社:東京都新宿区)の協力のもと研究・開発しました。

今後は、物流事業者に向けた物流車両管理サービスの提供開始を今年度内に予定しており、さらにさまざまな事業者との共創により、車両情報を活用した多方面の事業者向けにサービス提供を行っていきます。

販売計画

標準価格
「LocoMobi2.0」建設業者向け:(車両50台 事務所1箇所)
建設業者向け基本サービス 導入初期費 160,000円(税抜)~
月額 85,000円(税抜)~
販売開始
2017年11月8日
提供開始
2017年12月20日
販売目標
2020年度末までに累計15億円

システム構成

  • LocoMobi2.0アプリケーションにて、業種毎のアプリケーションサービスを提供
  • LocoMobi2.0プラットフォームにて、センサーやオープンデータなどからの多くの情報を収集・処理し、車両の位置管理、渋滞情報などのプラットフォーム機能を提供

「LocoMobi2.0」の活用分野

  1. 車両関連事業者向け業務サービス提供

    建設業、物流業、運輸業など車両を利用した事業者様向けの効率化支援サービス。

  2. 車両での決済サポートサービス提供

    ETCを利用した決済をサポートするサービス。(現在社会実験に参画中)

  3. 車両での収集情報を活用したサービス提供

    車両に搭載したセンサー情報を収集・分析し、道路劣化情報や道路路面状況を提供するサービス。

  4. 各種社会実験向けのサポートサービス提供

    官公庁、自治体などが実施する車両や道路情報を利用した社会実験をサポートするサービス。

用語解説

  • 注1:車両プローブ情報

    車載器などから送られてくる車両の位置などの情報のこと。プローブ情報から、車両が走行する道路の交通情報を生成することができ、渋滞状況や天候状況などをも知ることが可能。

  • 注2:インフラ協調型ITSサービス

    インフラと車や歩行者などが通信手段により接続され、安心・安全や利便性の向上などを目的として情報交換を行い協調して運用されるサービス。

  • 注3:マシンラーニング

    人工知能の「学習」に関する研究分野、またはその関連技術を指しており、データに内在したパターン、規則、意味などを、アルゴリズムをベースにコンピューターに自ら学習させ、次いで新たに入力されたデータの結果を予測するようにする技術。

リリース関連リンク

  • 沖電気工業株式会社は通称をOKIとします。
  • LocoMobi、EXaaSは、沖電気工業株式会社の商標です。
  • その他、本文に記載されている会社名、商品名は一般に各社の商標または登録商標です。
本件に関する報道機関からのお問い合わせ先
経営企画本部 広報部
電話:03-3501-3835
本件に関するお客様からのお問い合わせ先
情報通信事業本部社会インフラソリューション事業部 交通ソリューション第一部
電話:03-3454-7940
お問い合わせフォーム
  • 各リリースの記載内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ



All rights reserved, Copyright © 1995-2017 Oki Electric Industry Co., Ltd.