現在位置:Home > プレスリリース2017 > 分離型の硬貨紙幣つり銭機「CR-22」発売


プレスリリース

2017年3月2日

分離型の硬貨紙幣つり銭機「CR-22」発売

設置面積半減、セミセルフレジなどに対応した戦略商品を品揃え

硬貨紙幣つり銭機「CR-22」

OKIは、本日より食品スーパーや小売店舗向けの新商品として、人手不足への対応策として導入が進むセミセルフレジ(注1)やフルセルフレジ(注2)の精算機への搭載も可能な分離型の硬貨紙幣つり銭機「CR-22」の販売を開始します。

新商品は、従来の一体型硬貨紙幣つり銭機「CR-20」の特長である業界トップクラスの処理スピードとメンテナンス性を継承しつつ、設置スペースや店舗のレイアウトに応じた柔軟な設置が可能となります。「CR-22」は硬貨処理部と紙幣処理部を上下に配置することで、装置幅を「CR-20」の490mmに比べ、約半分の262mm(47%削減)に抑えることが可能で、設置スペースを確保できずにつり銭機の導入を見合わせていた店舗でも設置いただけるようになりました。

また、食品スーパーなどで採用が増えている、セミセルフレジやフルセルフレジの精算機の多くは、装置幅が450mm程度であるため、「CR-20」では搭載できませんでしたが、「CR-22」は装置幅を約半分に抑えたため、これらの精算機への搭載可能となります。従来の「CR-20」をお使いのお客様がセミセルフレジやフルセルフレジを新たに導入される場合でも、同じ操作性でご利用いただくことが可能となります。

OKIは、今後も流通市場に向けた各種現金処理機の品揃えを充実し、店舗の現金管理業務の効率化に貢献していきます。

CR-22の主な特長

  1. 設置レイアウトに柔軟に対応

    設置スペースに合わせて、縦置き配置(装置幅262mm)が可能です。セミセルフレジやフルセルフレジの精算機など各種機器のユニットとして利用可能です。

  2. 入出金処理が高速

    紙幣部の入金速度は約4枚/秒、出金速度は約2.7秒/9,000円(五千×1、千×4)であり、硬貨部の入金速度は約6枚/秒、出金速度は約1秒/999円(硬貨15枚)です。これらは業界トップクラスのスピードです(当社調べ)。

  3. お手入れが簡単

    つり銭機内のセンサーに対して清掃が必要になると、表示操作部のランプにてお知らせします。硬貨部はお手入れボタンを押すだけの簡単操作でセンサーの清掃ができ、紙幣部は入出金毎にセンサーのセルフクリーニングを実施しますのでセンサーの清掃が不要です。

  4. 高い信頼性

    ATMなどで培った媒体ハンドリング技術をベースに異物混入防止性能を向上させるなど、詰まり(ジャム)による停止を極力抑止する「止まらない※」機能を盛り込んでいます。これにより、操作を中断させること無く、スムーズなサービス提供を実現します。
    ※異物混入による停止は除きます。また、定期的な清掃と定期点検を行うことを前提とします。

  5. 一度に大量枚数の紙幣投入が可能

    100枚の一括処理が可能となり、補充作業を大幅に効率化します。

  6. 機内の現金在高の把握が簡単

    自己精査機能により、つり銭機内の現金を自動的に再計数することができます。これにより、現金在高の把握が簡単にできるため、現金管理の厳正化に貢献します。
    ※硬貨はオプションです

  7. 操作性の向上

    LEDランプによる入出金状態の表示や硬貨取り忘れを防止するための出金口での点滅表示などにより、直感的に操作ができます。また、操作をスムーズにできる配列にしています。

販売計画

販売価格
オープン価格
販売目標
30,000台/3年 ※一体型つり銭機含む

主な適用業態

  • 食品スーパー
  • ドラッグストア
  • 専門店
  • 飲食店

用語解説

  • 注1:セミセルフレジ

    商品バーコードの読み取りはレジ係の店員が行い、精算の作業をレジ横に設置された精算機で行うレジのこと

  • 注2:フルセルフレジ

    商品バーコードの読み取り、精算、袋詰めまでの作業をすべて買い物客が行うレジのこと

  • 沖電気工業株式会社は通称をOKIとします。
  • 記載されている会社名、商品名は一般に各社の商標または登録商標です。
本件に関する報道機関からのお問い合わせ先
広報部
電話:03-3501-3835
本件に関するお客様からのお問い合わせ先
メカトロシステム事業本部 自動機事業部 現金処理システム設計部
電話:03-5445-6201
  • 各リリースの記載内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ