現在位置:Home > プレスリリース2016 > ブラジル民間最大手のブラデスコ銀行に還流型紙幣入出金機を納入


プレスリリース

2016年12月7日

ブラジル民間最大手のブラデスコ銀行に還流型紙幣入出金機を納入

海外での現金処理機市場開拓を加速


Teller Cash Recycler G7

OKIは、海外での現金処理機市場の開拓を加速します。その一環として、ブラジルにおけるOKIのATM事業会社であるOKI Brasil S.A.(以下 OKIブラジル)は、2016年12月までにブラジルの民間最大手であるブラデスコ銀行(Banco Bradesco)に還流型紙幣入出金機「Teller Cash Recycler G7」(以下「TG7」)を100台納入しました。今後ブラジル市場で大きく成長が見込める現金処理機の販売を強化し、今後5年間で現金処理機4000台の販売を目指します。

金融機関の窓口やバックヤード向けの現金処理機は、主に先進国で導入が進んでいますが、新興国でも経済成長により現金取扱量が増加したことで、人手に頼っていた現金の取り扱い業務に対し機械化のニーズが高まっています。

OKIは、これまで海外向けATMで培った技術とノウハウを用いて最新の金融機関向け窓口用還流型紙幣入出金機として「TG7」を開発しました。「TG7」は業界最速の毎秒12枚の紙幣搬送能力を持ち、紙幣の入出金、計数、管理業務を自動化することができる装置で、これらの機能により窓口における現金取り扱い業務の迅速化と厳格化を実現します。また、入金された紙幣を出金用に再利用できるため店舗の業務運転資金を圧縮することも可能です。

さらに、「TG7」では紙幣収納にカセット方式を採用したことにより、夜間に現金をカセットごと「TG7」から取り出し安全な場所に保管することが可能となります。また傷みがひどく取引に使えない紙幣を出金紙幣とは別のカセットに収納し管理することも可能となるなど、現場のニーズに応じた柔軟な運用ができます。

ブラデスコ銀行は支店数4600をもつブラジル最大手の民間銀行で、窓口に「TG7」を設置することによりこれまで手作業で行っていた紙幣取り扱い業務を機械化し、支店の業務効率化と現金管理の厳格化を図ります。既にブラジルの複数の州の支店で「TG7」の運用を始めており、2016年12月末までに今回OKIブラジルが納入した100台の運用を開始する予定です。

OKIは、グローバル市場での事業拡大を目指し、海外でのATM事業の拡大、現金処理機市場の開拓を進めております。今回、ブラデスコ銀行への「TG7」納入が実現したことを機に、得意とする紙幣還流型商品のメリットを訴求し、ATMや現金処理機など関連商品のブラジル主要銀行をはじめ世界の銀行への販売を加速していきます。

  • 沖電気工業株式会社は通称をOKIとします。
  • OKIブラジル:OKI Brasil IndÚstria e Comércio de Produtos e Tecnologia em Automação S.A.
  • 本文に記載されている会社名、商品名は一般に各社の商標または登録商標です。
本件に関する報道機関からのお問い合わせ先
広報部
電話:03-3501-3835
本件に関するお客様からのお問い合わせ先
メカトロシステム事業本部 海外戦略企画部
電話:027-325-1111
お問い合わせフォーム(日本語)
お問い合わせフォーム(英語)
  • 各リリースの記載内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ