現在位置:Home > プレスリリース2016 > OKIセンサデバイス、本社を山梨県甲府市に移転


プレスリリース

2016年2月22日

株式会社沖センサデバイス
沖電気工業株式会社

OKIセンサデバイス、本社を山梨県甲府市に移転


OKIセンサデバイス牛田社長(左)と山梨県後藤知事(右)

OKIグループでリードスイッチ(注1)開発・製造・販売を行っているOKIセンサデバイス(社長:牛田祐生、本社:東京都立川市)は、本社を4月4日に生産工場のある山梨県甲府市に移転することになりました。本社機能、設計部門、生産部門を甲府市へ集約することにより、部門間の連携強化、戦略の推進および事業強化を図ります。

OKIセンサデバイスは、自動車・産業機器・家電などの分野で幅広く利用されるリードスイッチおよびその応用商品の開発、製造販売をグローバルに事業展開し、リードスイッチの市場で世界No.1のシェアを獲得しています。

今回、OKIセンサデバイスは、本社、設計、生産の集約により開発設計と生産の連携強化を図ることでいっそうの品質向上を目指していきます。また、本社にあった営業部門を独立させ、新宿に東京営業所を開設していち早くお客様のニーズを把握し、販売を拡大します。

会社の概要

商号
株式会社沖センサデバイス
設立
1996年10月
代表者
牛田 祐生
従業員数
約100名(2016年1月現在)
本社所在地
東京都立川市栄町6-1-1 立飛ビル7号館 4階
工場
山梨県甲府市大津町999-5
事業内容
リードスイッチおよびその応用商品の開発、製造販売
販売地域
日本、欧州、米国、中国、韓国、台湾、インド他
URL
http://www.osdc.co.jp/jp/index.shtml

移転の概要

本社移転先
山梨県甲府市大津町1088-7
移転時期
2016年4月4日
移転後本社人数
約85名

東京営業所の概要

名称
株式会社沖センサデバイス 東京営業所
所在地
東京都新宿区西新宿1-25-1 新宿センタービル 29階
開設予定
2016年3月22日

用語解説

  • 注1:リードスイッチ

    磁性材料を加工した一対のリード片を不活性ガスとともにガラス管内に封入したものです。外部磁界によりリード片にN極、S極が誘起され、この磁気吸引力により動作し、磁界が取り除かれるとリード片の弾性により復旧します。

  • 沖電気工業株式会社、株式会社沖センサデバイスは、通称をそれぞれ「OKI」「OKIセンサデバイス」とします。
  • 記載されている会社名、商品名は一般に各社の商標または登録商標です。
本件に関する報道機関からのお問い合わせ先
OKI 広報部
電話:03-3501-3835
本件に関するお客様からのお問い合わせ先
OKIセンサデバイス 管理部
電話:042-537-6511
  • 各リリースの記載内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ