現在位置:Home > プレスリリース2015 > タブレット型端末対応のシンクライアント「Safario®-IX」を販売開始


プレスリリース

2015年7月22日

沖コンサルティングソリューションズ株式会社
沖電気工業株式会社

タブレット型端末対応のシンクライアント「Safario®-IX」を販売開始

PCとタブレット型端末の両方でシンクライアントの利用が可能に

OKIグループでコンサルティングおよびソリューション提供を行っているOKIコンサルティングソリューションズ(社長:今井 雅文、本社:東京都港区、以下OCS)は、タブレット型端末対応のシンクライアント「Safario®-IX(サファリオアイエックス)」を開発し、本日より販売と出荷を開始します。OCSは今後3年間で4,000ライセンスの販売をめざします。

OCSが2008年より販売してきたUSBトークン型シンクライアント「Safario」は、セキュリティーと利便性を両立させた、テレワークや事業継続計画(BCP)のための最適なツールとして多くのお客様に支持されています。一方、近年、携帯性に優れたタブレット型端末が急速に普及し、ビジネス分野では既存アプリケーションの継続性や社内セキュリティーポリシーの統一性の観点から、Windowsを搭載したタブレット型端末の導入が進んでいます。

このたび、OCSはタブレット型端末にアプリケーションをインストールしてシンクライアントを利用できる「Safario-IX」をラインアップに加えました。タブレット型端末は、USBのポート数や形状に制限があるため、従来のUSBトークン型「Safario」の利用はできませんでした。「Safario-IX」は、従来の「Safario」の機能を引き継ぎ、クライアント機器認証、VPN(注1)、ファイルダウンロードの禁止などの万全なセキュリティー機能を持ち、安全なリモートアクセスを実現しています。これにより外出先では携帯したUSBトークン型をPCに挿入することでシンクライアントを実現し、タブレット型端末を持ち歩く場合は事前にアプリケーションをインストールすることで利用できます。また、テレワークなど決まった場所に設置されたPCを使用する場合にもあらかじめアプリケーションをインストールすることでUSBトークンなしで利用できるようになります。さらに「Safario-IX」は従来の「Safario」のゲートウェイと認証・管理システムを使用できるので、それぞれの利点を活かした混在使用も可能です。

OCSは今後もセキュリティーを確保しつつ、お客様のご利用形態に応じたリモートアクセス環境を提供していきます。

システムの概要

対応OS

Windows Vista、Windows7、Windows8、Windows8.1

  • Windows10は今後対応予定

販売計画

標準価格
1ライセンスあたり19,800円(税別)
出荷時期
2015年7月22日
販売目標
今後3年間で4,000ライセンス

用語解説

  • 注1:VPN(Virtual Private Network)

    通信事業者の公衆回線を使用して構築された仮想的な組織内ネットワーク

リリース関連リンク

  • 沖電気工業株式会社は通称をOKIとします。
  • 沖コンサルティングソリューションズ株式会社は、通称をOKIコンサルティングソリューションズとします。
  • Safarioは、沖コンサルティングソリューションズの登録商標です。
  • Windowsは、米国Microsoft Corporationの米国、日本およびその他の国における登録商標または商標です。
  • その他、本文に記載されている会社名、商品名は一般に各社の商標または登録商標です。
本件に関する報道機関からのお問い合わせ先
OKI 広報部
電話:03-3501-3835
本件に関するお客様からのお問い合わせ先
OKIコンサルティングソリューションズ ソリューショングループ
電話:03-5445-6015(代表)
お問い合わせフォーム
  • 各リリースの記載内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ