現在位置:Home > プレスリリース2014 > OKIソフトウェア、「次世代育成支援対策推進法」認定マーク(愛称「くるみん」)を取得


プレスリリース

2014年7月23日

株式会社OKIソフトウェア
沖電気工業株式会社

OKIソフトウェア、「次世代育成支援対策推進法」認定マーク(愛称「くるみん」)を取得

くるみんマーク

OKIグループのソフトウェア開発・SIサービス会社であるOKIソフトウェア(社長:権藤 義之、本社:埼玉県蕨市)は、このたび埼玉労働局より次世代認定事業主として認定され、「次世代育成支援対策推進法」認定マーク(愛称「くるみん」)を取得しました。取得日は2014年7月1日です。

OKIソフトウェアでは、次代の社会を担う子どもたちの健全な育成環境の整備を目的とした「次世代育成支援対策推進法」に基づき、2005年度より育児と仕事の両立支援に労使共同で取り組んできました。今回、OKIソフトウェアが基本方針として「仕事と家庭の両立をサポートし、社員が活き活き働ける環境・雰囲気づくりに取り組む」を掲げ策定した「第4期行動計画」(2012年4月~2014年3月)の目標を達成したことが認められ、本認定マークの取得となりました。

今後も、OKIソフトウェアはワーク・ライフ・バランスのさらなる向上をめざし、両立支援に積極的に取り組み、より働きやすい企業をめざしていきます。

行動計画の概要

第1期
2005年4月1日~2008年3月31日(3年計画)
第2期
2008年4月1日~2010年3月31日(2年計画)
第3期
2010年4月1日~2012年3月31日(2年計画)
第4期
2012年4月1日~2014年3月31日(2年計画)
第5期
2014年4月1日~2016年3月31日(2年計画)

第4期の基本方針

仕事と家庭の両立をサポートし、社員が活き活き働ける環境・雰囲気づくりに取り組む

目標および主な達成内容

  1. 仕事と家庭の両立に対する理解促進
    • 全社員にe-ラーニングの実施
    • イントラネットに「OSKワーク・ライフ・バランス」を開設
  2. 出産・育児をする社員へのサポート体制を強化
    • 仕事と家庭の両立について社員が経験者に相談できる仕組みの拡充
    • 出産・育児を控えた部下を持つ上司のサポート
    • 育児休職中の社員のスキルアップのサポート
  3. 育児中の社員のニーズに沿った勤務制度や仕組みの見直し
    • 勤務制度や仕組みの有効性を検証
  • 沖電気工業株式会社、株式会社OKIソフトウェアは、通称をそれぞれ「OKI」「OKIソフトウェア」とします。
  • 本文に記載されている会社名、商品名は一般に各社の商標または登録商標です。
本件に関する報道機関からのお問い合わせ先
OKI 広報部
電話:03-3501-3835
  • 各リリースの記載内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ